たまらしぃって鮮度がだいじ!

シーズン中に使用したパーティーを紹介します。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 遊戯王

新規【不知火】!ユニゾンビを持ってこられる良カード!! 

新規【不知火】!ユニゾンビを持ってこられる良カード!!

新規【不知火】のフラゲが出ました!9期の闇なんて言われてましたが、10期で遂に強化されました!

不知火の隠者 星4 炎属性
アンデット族 ATK/500 DEF/0
「不知火の隠者」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのアンデット族モンスター1体をリリースして発動できる。デッキから守備力0のアンデット族チューナー1体を特殊召喚する。
②:このカードが除外された場合、「不知火の隠者」以外の除外されている自分の「不知火」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果の発動時にフィールドに「不知火流 転生の陣」が存在する場合、この効果の対象を2体にできる。


強い!とても強い!

①の効果でユニゾンビを持ってこられるのがとーっても強い!!

隠者自身をリリースしてユニゾンビSS、ユニゾンビの②効果で馬頭鬼を墓地に落とし、ユニゾンビのレベルを4に。馬頭鬼で隠者を蘇生して、戦神-不知火へ。なんと、1枚から戦神へと繋げられます!!

また、能動的に墓地に不知火が送れるので、宮司の蘇生効果が使いやすくなり、ランク4を出しやすくなったのもポイントですね。

②の効果も強力で、妖刀-不知火を使いまわせるのはもちろん、不知火の武士で隠者を除外することで、妖刀をSSしてシンクロ、鍛師をSSしてエクシーズと、墓地シンクロに頼ることなく展開する手段ができました。
また、「不知火流 転生の陣」があれば黄金櫃1枚からシンクロorエクシーズできるのは単純に強い!

②効果は除外された不知火がなければ使えませんが、燕の太刀や戦神-不知火など、不知火は墓地より除外を貯めることのほうが得意ですからね。そこまでSS対象に困ることはないはず。


これは不知火とは関係ありませんが、ユニゾンビをデッキから持ってこられるということは、実質『ワイト』デッキの強化でもあります。また、これですんなり不知火が入るので、燕の太刀が採用しやすくなりました。
燕の太刀はパワーカードではあるのですが、対して強くない不知火モンスターを入れなければいけないのが問題でした。それを解決してくれた隠者はワイトをさらに強くしてくれるでしょう。

正直、ワイト強化の面の方が嬉しかったです。初手でユニゾンビを握れるかが課題だったので、ユニゾンビを持ってこられて燕の太刀のコストにもできる隠者の登場はかなり大きいです。展開力が高くない割にモンスターが多く守りが薄かったワイト。この1枚で安定性がぐーんと上昇するでしょう。



興味はあったものの、弱すぎて断念した【不知火】。さすが10期、かなり強いカードがもらえましたね。もう1度考え直してみよう...

この調子でセフィラの新規も頼むぞ!!

スポンサーサイト

【月光】考察!みんなまとめてやっつけてやる! 

【月光】考察!みんなまとめてやっつけてやる!

今更ですが、祝!月光OCG化!そして本日フラゲで下級月光の効果が判明しました。

キャットダンサーのイラストに惹かれ、アニメでライオダンサーの仮面が割れた瞬間一目惚れ。しかも脳筋という管理人大注目のテーマ。これは組みたい!!

9f6eb49b.jpg

しかし、同じ融合テーマであるシャドールを使う私は、アニメでアホみたいに手札を消費するセレナを見てこう思いました。

このディスアドの塊みたいなテーマを、果たしてきちんと使えるだろうか?

アドバンテージのリカバリーならどの融合テーマにも負けないシャドール。デッキ融合の感覚を知ってしまったこの状況で、他の融合テーマを使えるのか?

特に気になったのがイラストがドストライクで1番好みのライオダンサー。素材指定がパンサーダンサー+月光2体って・・・キャットダンサーで月光2体、パンサーダンサーを出すのにもう1体、ライオダンサーを出すにはそれに加えもう2体、融合も合計3枚必要・・・このままだと「ライオダンサーが入らない構築」なんて出てきちゃうんじゃないの!?


なんて思ってたけど全部杞憂でした!さっすが9期最後のテーマ!安心の魔改造だぜ!!

効果の詳細はいろんなとこで書かれてると思うからここでは置いておいて、月光の立ち回りについてちょっと考察。



①融合召喚について

現在判明している月光融合モンスターは3種。キャットダンサー(月光×2)、パンサーダンサー(キャットダンサー+月光)、ライオダンサー(パンサーダンサー+月光×2)。

キャットダンサーは縛りも緩く出しやすいのですが、パンサーダンサーとライオダンサーは素材指定に融合モンスターを含むなかなか重いモンスター。

月光はファーニマル同様元祖「融合」魔法カードを使うテーマですが、やはり専用融合がなければ融合が生きていくのは厳しい。その月光に与えられた専用融合が『月光狼』。魔法カードではなくPモンスターであり、P効果でフィールドまたは墓地の月光を除外して融合召喚できます。

P効果ゆえサイクロンなどで融合を妨害される可能性もありますが、それよりもモンスターでもあることにより融合素材としても使える点、天キなどでサーチできる点などによるメリットのほうが大きいです。

「融合」魔法カードによる融合→倒されても墓地融合。というのが基本になりそう。Pカードなので割られなければ何度でも使えるのもいいですね。


②下級月光、蒼猫+虎

蒼猫が戦闘・効果で破壊されたら月光リクルート、虎が戦闘・効果で破壊されたら墓地の月光SS。

蒼猫破壊→虎SS。虎破壊→墓地の蒼猫SS。蒼猫破壊→蒼猫リクルート。

虎の効果は1ターンに1度なので何度もはできまえんが、蒼猫と合わせてかなり丈夫な壁になりますね。

虎はPモンスターなので、破壊されたときは墓地へ行かずエクストラへ。この破壊サイクルで罠カード『月光輪廻舞踊』を使って一虎と狼を手札に加えることができれば、虎をP召喚して融合素材の確保が可能。

また、蒼猫も虎も相手による破壊でなくとも効果は使えるので、激流葬と非常に相性がいいです。墓地融合がある以上、多少自分のモンスターを巻き込んでも融合素材にしてしまえばいいので、こちらのディスアドも緩和されます。

虎のP効果もかなり優秀で、1ターンに1度、墓地から融合素材を用意できます。月光融合モンスターを蘇生して、アニメのように上位の月光融合に繋げたいですね。このランクアップみたいな感じ、かっこいいです。

一応虎のP効果で蒼猫釣り上げ→エンドフェイズに蒼猫破壊でデッキから月光モンスターリクルート・・・なんてのもできますが、エンドフェイズに出しても、って感じです。蒼猫の効果で虎をSSして壁を作ることはできますが、それよりも先に上げたように融合素材の確保として使ったほうが良さそうですね。


③黒羊+白兎

黒羊が手札から捨てて月光モンスターサーチor融合サーチ、さらには融合素材として墓地行ったら墓地かエクストラの月光をサルベージという超万能カード。

当然天キ対応なので、黒羊のおかげで天キが実質月光モンスターor融合をサーチできるカードに。強すぎ!!

白兎との相性が抜群で、黒羊を捨てて白兎サーチ。白兎NS→黒羊釣り上げ。手札1枚からキャットダンサーの融合素材を準備できます。しかも黒羊の効果で白兎を回収できるので、融合さえあれば次のターンも同じ展開が可能。

大変な勘違いしてました!黒羊の正しい効果は、手札から捨てて墓地の月光サルベージor融合サーチ、融合素材として墓地に行くとサルベージです(サーチできるわけないよね...)。妄想のように黒羊1枚からは無理ですが、白兎+黒羊から同様の動きができるので、やはりこの2枚は相性がいいですね。

虎と狼が破壊され尽くされてP召喚できない、狼のP効果による墓地効果が使えない、という場合でも、黒羊と白兎の2枚からキャットダンサーを出しつつエクストラの月光Pモンスターを回収。狼を回収すれば少なくともパンサーダンサーまでは出せます。

やはり融合となると消費が激しいので、白兎で黒羊を使いまわしてできるだけディスアドを減らしたいですね。黒羊の使い回しとなると虎でも可能ですが、白兎は召喚権を使う代わり自身も融合素材にできる上に魔法罠のバウンス効果で安全に融合できるので、一長一短といったところでしょうか。



20150310-092631-541.jpg

現在判明している分でもいろいろ考えられます。アニメで月光専用の死者蘇生があったと思うので(他にもあったかな?)、これも新規で出るんじゃないかなと思うのですが。蘇生は融合素材の確保から、単純にエースも復活させられるので便利そうです。

Vジャンプの付録の月光の効果もまだ分かってないので、お楽しみはこれからですねw

みんなも【月光】でデュエルだ!



《追記》
黒羊の効果を勘違いしてたので訂正しました。脳内構築がズタボロだ・・・。

2016年1月 新制限改訂 

2016年1月 新制限改訂

今回はVジャンプに禁止のみが先に公開され、残りは公式HPで発表という異例の自体。

今回の緩和枠はなんだ!ブリュのエラッタ来い!そろそろネフィリム様返してくれ!様々な思惑(全て自分のもの)が交差する中、結果は・・・

《禁止》
・No.16 色の支配者ショック・ルーラー
・Em ダメージ・ジャグラー
・Em ヒグルミ

《制限》
変更なし

《準制限》
変更なし

《制限解除》
変更なし



ん?

んんん??????


残りは公式HPをチェックだ!→ 変 更 な し


一体どういうことなんだ....嘘はついてないけど....




EMEmのキーカードであるヒグルミ、そして超万能カードであったジャグラーが禁止になり、ルーラーもいないので先行での制圧力が一気に下がりましたね。
珍しく一気に禁止に吹っ飛ばれ、EMEmが環境に残るのは難しそうです。しかし、ドクロバットジョーカーやペンマジの規制は回避されており、ストラクも出ることですし、純EMがどこまでパワーをつけられるか、というところでしょうか。

時期環境トップは、EMEmに唯一対抗できていた彼岸でしょう。

そして、先行ルーラーゲーもなくなったことなので、気づけば姿を消していた帝も間接的に追い風。新規も出るので復刻もありでしょう。

Vジャンでは新しい環境での期待のデッキとして青眼がピックアップされてましたが、新規がバンバン出てるとはいえ、あんな重そうなデッキが環境・・・?効果を詳しく見てないので分からないのですが、さすがに環境とるようなものではないでしょう。

あとはストラクで新規をもらったDDですかね。EMEmが大暴れしていた頃に1度入賞したこともあるくらいです。デッキ構築がまだ定まっていないと思いますが、期待の新人ってところですね。


EMEm一強のクソ環境が終わりを告げ(告げたたよな...?)、今度はどんな環境になるのでしょうか。毒されすぎてEMEmが1位じゃないだけで「良環境!」と言ってしまう気がするのが怖い。





ところで誰か、ドラグ使いの悲しい叫びをKONAMIに届けてやってくれ....

不知火+ワイト の可能性…? 

不知火+ワイト の可能性…?

私のマイフェイバリットである【ワイト】。

同じアンデットテーマである【不知火】との相性は?



ワイトと不知火を混ぜるメリットといえば、やっぱりこれ。

7404.jpg

「不知火流 燕の太刀」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドのアンデット族モンスター1体をリリースし、
フィールドのカード2枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
その後、デッキから「不知火」モンスター1体を除外する。


不知火カードの中で唯一強いカード《不知火流 燕の太刀》

不知火を除外する効果が任意効果だったら不知火なんか入れずにアンデ汎用除去カードになっていたのですが、不知火がデッキにないと使えないので仕方なく不知火入れる形です。

ワイトデッキならアンデ引けないことはまずないので、リリース素材に困ることはありません。1回使ってやられる運命のユニゾンビに使ってよし、事故ってとりあえずセットしておいたワイト夫人に使ってよし。

モンスターでなくバックも割れるので、サイクの枠に入れられます。ほんとコストみたいな不知火除外する効果なければ良かったんですけどね。

まあ、除外する効果も嫌なことばかりじゃなくて、《不知火の宮司》を除外することで、実質合計3枚のカードを破壊できるスーパー除去カードとなります。やっぱり燕の太刀強い!!

でも、宮司を引いてしまったら・・・というのが何よりの不安。ですが、宮司もなかなか優秀なカードで、墓地の武士か鍛師を釣り上げれば手札1枚からランク4、つまりチェインでワイトプリンスを墓地に落とせるんですよね。エクシーズ素材ならデメリットの除外される効果も避けられます。

ただ、「宮司『以外の』不知火」しか釣り上げられないので、特にワイトでは使えそうもない武士か宮司を採用し、かつ墓地にないといけないという。ただでさえモンスターが多くなるワイトでこれ以上単体で機能しないモンスターで採用するのは辛いところ。

このカードのためだけに不知火を使用するようなものなのですが、他にも相性のいいカードはあるんですよ。


428f341d.jpg

フィールド魔法
「不知火流 転生の陣」は1ターンに1度しか発動できない。
(1):1ターンに1度、自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
手札を1枚墓地へ送り、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分の墓地の守備力0のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
●除外されている自分の守備力0のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地に戻す。


手札を1枚捨ててワイトキングを蘇生、または(主にワイトキングをSSする効果で)除外されたワイトプリンスを墓地に戻すカードです。ワイトプリンスは唯一ワイトメアの効果対象でないワイトで、墓地に戻せれば再びデッキからワイトキングを出せるので、手札を1枚捨てる価値はあります。

ただ、フォトスラ条件が重すぎです。手札コストはまだ許せますが、この縛りのせいでフィールド魔法のくせにろくに効果が使えません。ゾンキャリも馬頭鬼も効果対象外なんだから、そこまで警戒しなくても・・・と思うのですが。

燕の太刀で先に武士かなんか除外しておいて、これで墓地に戻しておけば宮司を引いてしまっても安心してランク4出せますね。そのために手札1枚捨てると思うと非常にもったいないですが、ワイトプリンスや馬頭鬼など、むしろ手札にあるくらいなら積極的に捨てたいカードも多いので、手札コストが普通のデッキと比べて気にならないというのがワイトデッキのいいところなのかもしれませんね(全然いいところではない)。




【不知火】いろいろ考えてるんですけど、やっぱり難しいですね。ワイトとの混ぜ物ワンチャン…?と思ったけど、やっぱりノーチャン。ただでさえ事故るのに、これ以上事故要員を増やしたくない。訂正。全然アリです。不知火モンスター引いて嬉しいことはないけれど、それを踏まえても燕の太刀が強すぎます。

燕の太刀はかなり優秀ですし、宮司が墓地にいれば武士がフリーチェーンの除去持ち打点2400になったりと一見強そうに見えるのですが、事前に墓地を肥やす必要があるのに墓地を肥やす効果を持った不知火がいなかったり妖刀は墓地に送られたターンに効果が使えなかったりと、とにかく単体性能が低くて使いにくいです。

最初のイメージでは刀神をシンクロ→やられても戦神を墓地シンクロという感じでしたが、結局ゾンマスとユニゾンビで(②効果で墓地を肥やしつつ)初めから戦神が1番楽ですかね。戦神はユニゾンビの攻撃制限にひっかからないというのが強い。
下級不知火は微妙なのですが、不知火シンクロはアンデってだけで強いですからね。

コメントでトリスタンイゾルデを入れるというのがありましたが、私はレッドリゾネーターとカメンレオンを入れて積極的に鍛師を素材にシンクロしてとにかく強い燕の太刀をサーチしようかなという感じです。あとは遅いですがフレムベルヘルドッグも妖刀リクルートしながらレベル6出せて強そうですね。
その場合はアンワを採用したいところですが、アンワって書いてあることめちゃくちゃ弱いので、テラフォ3転生の陣3アンワ1って感じですかね。転生の陣も2枚以上手札に来ると嫌なので、本当はこんなにフィールド魔法入れたくないんですけど。


正直なところ、イラストに惹かれてたものの、ソリティアできないアンデシンクロってどうなの!?ってことで今は【植物アンデリゾネーター】のほうが熱いです。もちろん不知火カードは0。

何度も言うんですが、ほんと燕の太刀だけはめちゃくちゃ強いんですよ。除外ギミック入れたりしてなんとか、こう・・・うーむ。ほんとうに【不知火】は難しいなあ・・・。

大フラゲ祭り!【不知火】は本当にアンデなのか・・・? 

大フラゲ祭り!【不知火】は本当にアンデなのか・・・?

今日は、大、大、大フラゲ祭りだあああああ!!!

ついにBOSHの全カードリストが判明!これが【不知火】の全てだ・・・!


428f341d.jpg

不知火流 転生の陣
フィールド魔法
「不知火流 転生の陣」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:1ターンに1度、自分フィールドにモンスターが存在しない場合、手札を1枚墓地へ送り、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分の墓地の守備力0のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
●除外されている自分の守備力0のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを墓地に戻す。


ワイトキングも蘇生可能!不知火のエンジン!

条件が厳しくコストも重いが、今までやたら除外したがってた【不知火】に必要だった除外からの展開に加え、墓地からの蘇生が可能!

フィールド魔法だからテラ・フォーミングでサーチが可能で、何度でも使える!ただ、逆を言えばフィールド魔法ゆえに手札コストを払ったところにサイクロンを打たれると一気にディスアドに。アンデなら馬頭鬼とかむしろ捨てたいカードもあるし大丈夫か・・・?

【不知火】は、これを軸に除外と墓地を操作して、墓地シンクロで更なる展開を狙っていく、そんな形になりそう。

《妖刀-不知火》の墓地シンクロが特殊召喚なせいで蘇生条件満たせないのが本当に惜しい・・・。

9期テーマならノーコスト、せめてフォトスラ条件くらいなしでも良かったんじゃないかな?と思うのですが・・・アンデシンクロにはソリティアさせないというKONAMIの鉄の意思を感じる。


815969f0-s.jpg

不知火の武士 星4 炎属性
アンデット族 ATK/1800 DEF/0
「不知火の武士」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地のアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。このカードの攻撃力はターン終了時まで600アップし、このターンこのカードがモンスターと戦闘を行った場合、そのモンスターはダメージ計算後に除外される。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが除外された場合、「不知火の武士」以外の自分の墓地の「不知火」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。


戦闘なら任せろ!除外されたらサルベージ!

予想通り、侍さんのご登場ッ!イラストかっこいい!!

墓地のアンデを除外して打点UP+戦闘した相手を除外!普通に下級で2400打点ってのはいいね。ミドラーシュ突破+融合回収阻止とか。
宮司を除外して除去しつつ打点確保ーなんてのもできますし、能動的に不知火を除外する効果は結構使えそうです。

除外された時の効果はサルベージ!《妖刀-不知火》と墓地シンクロすれば、召喚権を使わず手札を増やしつつ《刀神-不知火》をSSできる!
《封印の黄金櫃》との相性は抜群で、《不知火の宮司》と合わせて黄金櫃が除去とサルベージを選べる万能カードに!(除外された時の効果をメインで使ってて2ターン後に回収忘れそう^^;)

ところで、君のどのあたりがアンデットなんだい???


f4b91655.jpg

通常罠
「不知火流 燕の太刀」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドのアンデット族モンスター1体をリリースし、
フィールドのカード2枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
その後、デッキから「不知火」モンスター1体を除外する


アンデット族版・ゴッドバードアタック!!

これはCMでもっと前に判明していたけれど、ブログで取り上げてなかった(不知火モチベ下がってた)からついでに見ていこう。

効果はまさにアンデット族版のゴッドバードアタック。ゴブゾンをリリースすればサーチしながら除去もできるし・・・これは弱いはずがない!

ゴッドバードアタックと違うのは不知火を除外する効果。アンデといえば除外はデメリットだけど、【不知火】なら、むしろメリットにもなりえる!

例えば、

ゴブゾンをリリースして燕の太刀発動、《妖刀-不知火A》を除外。ゴブゾン効果で2枚目の《妖刀-不知火B》サーチ。

転生の陣で手札の《妖刀-不知火B》を捨てて除外された《妖刀-不知火A》を墓地に戻す。

墓地の《妖刀-不知火A》の効果でゴブゾンと墓地シンクロ→《刀神-不知火》特殊召喚。

墓地に《妖刀-不知火B》が残っているため、《刀神-不知火》がやられても《戦神-不知火》の墓地シンクロの準備が整っている。

もちろん、そんな回りくどいことしなくても、宮司と除外すれば3枚破壊の超絶除去カード、武士を除外すればついでにサルベージも行えたりと、使い方は多彩!



【不知火】は墓地だけではなく、除外も匠に使うテーマだね。見た目だけでなくテーマもアンデらしくない!
昔ながらのアンデシンクロというより、結構メタビ寄りなんだろうか。回し方は実際に触ってみないと分からないなあ。

ネットでは弱い弱い言われてて、9期テーマの恥さらしの汚名をセフィラから分捕っていく勢いだけど、元々アンデには馬頭鬼や生者の書などの強力なサポートカードがあることを忘れてはならない・・・。

【植物アンデリゾネーター】に使えないかなと思ってたけど、これは混ぜずに使ったほうが良さそう。イラストもかっこいいし、普通に【不知火】組みたくなっちゃったぞ・・・!