たまらし いしあたまらしい!▼

シングルメインでポケモンの構築記事とか
2013年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年01月
ARCHIVE ≫ 2014年01月
      

≪ 前月 |  2014年01月  | 翌月 ≫

攻撃は弱いが、集まると大変。 

攻撃は弱いが、集まると大変。

( ゚∀゚)ポケモン楽しい!
( ゚∀゚)カルドセプト楽しい!
( ゚∀゚)PT考えたりブック考えたりするの楽しい!
( ゚∀゚)実戦でやりたいことできたら気持ちいい!
( ゚∀゚)というわけで遊戯王始めます!

※ちなみにパルテナはストーリーだけやってやり込むほどハマりはしませんでした。


別にカルドセプトの影響で遊戯王始めるわけではなくて、周りの友達がやってて、余ったカードもらえるからやろう!みたいな感じです(゙ ´▽)
もちろん値段が張るものは自分で買いますが、もらえるならもらっておきましょう。多少お金も浮きますし、探す時間も大幅に減ります。

作るデッキはただ一つ。ワイトデッキに限ります( ゚∀゚)

ワイト

昔やってた頃(それほどやりこんでません)に、グラファが出る前の暗黒界と組ませて使っていたワイト。私のお気に入りです。
もちろん主力として使っていたのはワイトキングですが((

墓地肥やしといえばライロ!ネットで調べてみたらワイトロードっていうなんかシャレた名前のライロ+ワイトのデッキがちゃんとあるらしいので、ライロを友達から搾取援助してもらってワイトロード作ってみます。

あんまりお金かけたくないので、作るのはそれだけ。それ以外のデッキは作る気ありません。勝ちは狙いますが何よりワイトで暴れたいです。所謂ファンデッキ。


友達とワイワイやるだけですが、それでもやっぱり勝ちたい!ついったーでたまに遊戯王ツイートしてるので、良ければ助言いただけると嬉しいです(゙ ´▽)
スポンサーサイト

二本勝ったからもう一本くれ頼む 

二本勝ったからもう一本くれ頼む

少し前のおはなし。


任天堂がやっていた、3DSソフト二本買ったらもう一本のキャンペーンは皆さんご存知ですよね。

あれで私がカルドセプトをもらってやっているのは恐らくご存知だと思います。

私が今までに買った3DSソフトは、洞窟物語、モンハン4、ポケモンY、の3つです。

せっかくなのでサブロムにXかってもう一本もらっちゃおーとか思ってたら気づいたらキャンペーン締切当日!!

今からXを買いに行く時間はない!!のですが、実は兄のXのシリアルコードをいただいてました。ありがとう(*´`)

早速ニンテンドークラブに行くと、緊急メンテ中。


( ゚∀゚)あっ


更新。

インターネットが接続できません。

そして更新。

インターネットが接続できません。

さらに更新。

インターネットが接続できません。

これでもかと更新。

( ゚∀゚)!! あれ、なんかしらねーけどきた!!


急いでシリアルコードを入力しようと入力ページに飛ぶも再び砂時計。ちくしょー!

それから更新しては繋がらず、更新しては繋がらずを繰り返して、やっとのことすべて入力を終え、パルテナのDLコードを入手。

現在22時。よっしゃ!DL間に合う間に合う!

E-Shopに向かうと、


空きブロックが足りません。あと11024。

えっ、容量でか・・・。

3DSを購入したときに一緒についてきた2GBのSDを使っていたので驚愕。中身真っ白にしてもとても足りません。

探せ!SDを探せ!!



・・・・・・・・・・・・・

1時間ほど探して、16GBのSDを入手。これで・・・!

DLにも時間がかかりまして、結局23時50分くらいにDL完了しました。

キャンペーンは23:59だったので、これってギリギリなんですかね?DL完了までの期限なのかDLコード入手の期限なのかわかりませんが、とにかくパルテナもらえてよかったです。

無料でもらったのに、パルテナも面白いですねえ(゙ ´▽)
ちなみに神器の中では射爪が一番好きです。メイポの頃からそうでしたが、やっぱり近距離のほうが性に合いますね。


とまぁ、つまらなかったかもしれませんが、リアルではてんやわんやで慌ただしい日でした。

あー、最近ポケモンやれてねえなあ・・・(笑)。

ランターン入りセミ受けループ~レートシーズン1構築~ 

ランターン入りセミ受けループ~レートシーズン1構築~

今更ですが、レートシーズン1で使用していたランターン入りPTの紹介です(゙ ´▽)

最高レートは1923.ランターンの選出率も悪くはなかったので、なかなかランターンを活かした良い構築が組めたのではないかと思います。

それではメンバー紹介から。

lanturn.gifgarchomp.gifscizor-mega.gifblaziken.gifchansey.gifslowbro.gif
青2匹、赤2匹、ピンク2匹と、とても美しい配置になりました。

PTコンセプトは「攻める受けループ」です。他にはランターンを採用したことに愛以外の明確な理由を持たせることを意識しました。


お次は個別紹介。

理想個体ではない子もいるので、実数値は私のポケモンの実数値であり、理想値ではない場合もあります。


■ランターン
lanturn.gif
【性格】控えめ
【特性】蓄電
【持ち物】突撃チョッキ
【実数値】201-*-110-140-96-87
【技】波乗り/10万ボルト/冷凍ビーム/ボルトチェンジ

BCぶっぱ


結構前の記事で紹介したBCチョッキランターンです。

採用理由は、ファイアローと水ロトムを同時に見れてかつガブリアスに隙を見せないポケモン、です。
ガブ+水ロトム+ファイアローの3匹の並びはシーズン1では飽きるほど見たので、この3匹の並びを1匹で崩せるのは素晴らしかったです(゙ ´▽)

ここまでBに振ってあげると、A特化アローの鉢巻ブレバは余裕を持って2耐え、珠なら高乱数で3耐えします。返しの波乗りor10万ボルトで無振りなら確1、H振りだと低乱数1発(25%)。ブレバとフレドラの反動や珠のことも考えれば大体1発で持っていけます。

水ロトムはタイプと特性でかなり有利なのですが、鬼火を巻かれたり壁を貼られたりするとゴリ押しされかねません。H振りだけでも10万で確定3発という残念火力()

基本的にはアローに投げてガブ交代読み冷凍B、水ロトムに投げて素直に10万(もちろん冷凍Bやボルチェンを打つ場合もありますが、ここは相手のPTと相談で)。
ゲッコウガやサンダーなどの今まで見てきて相手ももちろん役割対象ですし、腹太鼓積まれるとヤドランでは受けられないマリルリも新しく役割対象となりました。

B振りランターンが強いことは第五世代から知っていましたが、Bに振るとDが脆く、Dに振るとBが脆く、両方に振ると火力が足りないという低種族値の悩みを解決してくれた突撃チョッキは、ランターンにとってナイスな持ち物だと感じました。

ただし、C特化していても弱点ついてなんぼの火力なので、うまくボルトチェンジを活用しつつサイクルを回していきたいところです。


■ガブリアス
garchomp.gif
【性格】陽気
【特性】鮫肌
【持ち物】こだわりハチマキ
【実数値】183-182-116-*-105-169
【技】逆鱗/地震/ストーンエッジ/ドラゴンクロー

ASぶっぱ


誰もが認めるシーズン1最強のポケモン。

メガシンカで大幅に強化されたガルーラやリザードンなど、素早さの激戦区として知られるS100をあざ笑うかのようなS102の600族で、フェアリー登場で竜が弱体化されたかと思いきや竜技と相性のいい地震を覚え、ムーバー解禁前はラティやボルトなどガブより早い強力なポケモンが存在せず、めざパの弱体化により強化アイテムのないめざ氷なら大体耐えてしまう耐久力を持つ最強ポケモン。

ラッキーヤドランの並びに対し出てきやすいガルーラやギルガルド、水ロトム、フシギバナに対し高い打点を持つための鉢巻。これならガルドも1発で吹っ飛ぶので弱点保険も怖くありません。

困ったら出しておけレベルのイケメン。甘えた耐久調整は全て崩します。

正直言うことありません。皆さんも言われなくともこいつの強さはご存知でしょう。

強いて言えばドラゴンクローの枠ですが、裏にマリルリがいるのに逆鱗で相手のドラゴンを突破してしまいキャッチされて処理されるのを嫌って採用しました。
全然使いませんでしたが、入れてて良かったと思える試合はありました。他に使いたい技もありませんでしたし、これで間違っていなかったと思います。


■ハッサム
scizor-mega.gif
【性格】意地っ張り
【特性】テクニシャン
【持ち物】ハッサムナイト
【実数値】175-200(222)-122(162)-*-102(121)-85(95)
【技】バレットパンチ/泥棒/剣の舞/羽休め

ほぼHAぶっぱ


メガ枠。メガシンカにより猫背がシャキッと伸びました。私は通常ハッサムのほうが好きですが、これもこれで忍者みたいでかっこいいですね。

メガシンカしたにしては突発したものがなく、全体的に平均的な種族値上昇を受けた微妙なポケモンですが、ハッサムで欲しかったけどどちらかしか選べなかった全抜き性能と後出し性能の両方を手に入れたのがこのメガハッサムです。

ハッサムの代名詞であるバレットパンチとギルガルドへの打点として今作威力が上昇し通りが良くなった泥棒、抜きエースになるための剣舞と施行回数を稼ぐ羽休め。
ランターンとの相性もいいとんぼ返りがものすごく欲しいのですが、虫技を打ちたい相手が少なく、サイクルを回すこと以外に使う用途が見つからなかったためにバレパン泥棒の2ウェポンとしました。
ファイアローへの交代はきっちきり読んで交代読み交代するので、蜻蛉がなくてもそこまで気になりませんでした。

耐久値の上昇によりラッキーヤドランの並びで辛いガブリアスやギルガルド、ゲンガーなどへの後出しが安定するようになりました。

ガブの地震は超高乱数2耐え、C特化ギルガルドとメガゲンガーのシャドボは確定で2耐え。ガブは剣舞があるので逆鱗をキャッチしつつになりますが、ガルドとゲンガーはシャドボのDダウンを引かれない限り起点にできます。
珠ッサムほどの爆発力はないものの、持ち前の耐久力で複数舞うことも容易で、この耐久と超火力のバレパンは相手にとって驚異となるでしょう。

ただし、ウェポンの火力不足(バレパンも泥棒も威力90)に加え天敵のファイアローがいるため全抜き性能は高くありません。
が、そのためのランターンであり、サイクルを回して消耗させつつ剣舞バレパンで上から制圧します。サイクル回せるPTなので動かしやすかったです。
サイクル回せるPTだからこそとんぼ返りは欲しいのですが・・・いやいや、どれも外せません。しかし、ガルドはガブでもバシャでも見れているので、そこまで意識しなくてもいいという人は泥棒を外してとんぼ返りを採用してもいいかもしれません。オススメはしません。


■バシャーモ
blaziken.gif
【性格】やんちゃ
【特性】加速
【持ち物】命の珠
【実数値】155-179-90-143-81-129
【技】飛膝蹴り/オーバーヒート/ストーンエッジorブレイブバード/守る

A…下の余り
C…H振りギルガルドを高乱数1
S…1加速で最速オンバーン抜き


攻略本を大量購入した人を泣かせた悲しみの加速。私はその頃ポケモンをやっていなかったので再配布には大歓喜です。

ギルガルドを吹き飛ばせ、加速すればガルーラを上から殴れるエース。

始めは地面の一貫性を嫌ってファイアローにしていましたが、対ギルガルドへの不安とガルーラもガブも飛ばせない火力、バンギや水ロトムにも打点がある格闘タイプとしてバシャを採用しました。

3枠目の技ですが、メガフシギバナを意識してブレバを入れていましたが、環境によってだんだんメガバナが姿を消していったのでギャラやアローへの交代読みで打てるエッジに変更しました。

残念ながら珠ブレバ程度ではH振りメガバナすら1発で落とせません。しかしエッジは当たらなければ1ダメージも与えられません。
唯一の命中100でメガバナや同族への打点となるブレバ、飛行組みへの交代読みに打つエッジ、どちらも一長一短ですね。
汎用性をとるならエッジでしょうが、ブレバだったからこそ勝てた試合、エッジだったからこそ勝てた試合、それぞれあったのでどちらがいいか決められませんでした。

選出率はPT内最下位となってしまいましたが、悪いのはこいつではなく耐久の低さにビビッて出せなかった私のせいです。逆に出した試合はほとんど活躍してくれました。素晴らしい火力でした。

・・・実はPT内で唯一メインウェポンの命中率が100じゃないので(他に命中不安なのでガブのエッジのみ)、そこにビビッてたのもあります。メガバシャーモじゃないので絆が足りません。バシャーモとの深い絆がある方は出せるときは積極的に出していきましょう。


■ラッキー
chansey.gif
【性格】図太い
【特性】自然回復
【持ち物】進化の輝石
【実数値】325-14-62(93)-55-152(228)-76
【技】地球投げ/シャドーボーる/毒毒/卵産み

B…ぶっぱ
D…下の残り
S…4振り特大パンプジン抜きという名の申し訳程度のS振り


硬い。何よりも硬い。とにかく硬い。

特殊アタッカーと正面から殴り合ってもトゲキッス以外には突破される気しません。トゲキッスには全て怯まされて負けたのでランターンで見てください。

と思ったら特殊だけじゃなくて物理だって硬い。まさに要塞。ピンクの魔人の異名にも納得がつきます。

安定したダメージソースである地球投げ、ゲンガーと弱点保険じゃないギルガルドに勝てるシャドボ、状態異常を撒きに来た耐久ポケモンに刺さる毒毒、回復ソースの卵産み。

特殊全般に出していって地球投げや毒毒でジワジワと削り殺します。物理は基本ヤドランに任せますが少しくらいなら居座れます。起点にだけはされないでください。

こいつこそ特に言うことはありません。特殊相手に投げていたぶる。しかしかなり対策されていたので思考停止で投げてると起点にされてサイクルが崩壊します。適度な交代読みを。ご利用は計画的に。


■ヤドラン
slowbro.gif
【性格】図太い
【特性】再勢力
【持ち物】ゴツゴツメット
【実数値】201-*-178-122-100-50
【技】熱湯/冷凍ビーム/草結び/怠ける

H…3n(再生力の効率最大)
C…ゴツメ+冷凍ビームで無振りガブ確定1.


優秀なタイプと特性により種族値以上の強さを持つ物理受け。フォロワーさんから頂いた個体です。ありがとうございます(*_ _)

ラッキーの苦手な物理を受けてもらいます。接触技を受ける機会が多いためゴツメ持ち。ゴツメ+冷凍Bで無振りガブが落ちます。逆にゴツメが入らないと落とせません。まぁテンプレですね。

3割でありながらも7割くらいの体感火傷率を誇る定数ダメ稼ぎの熱湯、対竜や苦手な草に抜群がとれる冷凍B、ギャラドスやパルシェンへの打点として草結び。
ギャラにはサイキネのほうが通るのですが、メガシンカも考慮して草結び。しかし、H振りギャラに草結びで乱数4発なため結局竜舞を積まれて突破されてしまう恐れがあり、熱湯連打しかしませんでした。
変えるならナットやカルドに抜群のとれる火炎放射かギャラを一応機能停止にできる電磁波あたりでしょうか。電磁波は熱湯とのアンチシナジーが気になりますが…。とりあえず草結びは変更の余地があります。

怠ける+再生力でかなりの粘り強さを誇ります。強化アイテムのない半端な物理アタッカーの1度の攻撃くらいなら再生力の回復だけで補えるので、繰り出して熱湯を打つだけでゴツメダメと熱湯火傷の定数ダメでゴリゴリ削れます。

かなり安心できる物理受けなのですが、所詮は95-110とラッキーと比べれば頼りない数値。鉢巻ガブなんかには後出しききません。
また、ヤドラン一匹で物理をすべて見ようとすると、過労死してしまうこともよくあります。

このPTには純正受けループのようにエアームドやグライオンなどの他の物理受けがいないので、いかにラッキーを大事に扱うかがキーとなります。
例えばガブガルーラを相手する場合、ヤドラン1匹ではとても見れないので、ヤドランをクッションにしつつ削れた2匹を上から殴れるバシャーモを同時に選出する。など、受けきって削りきるというよりはエースポケモンが抜きやすい環境を整えてあげる感じです。


基本選出はラッキー+ヤドラン+αです。私のプレイングもあるのですが、基本は受けつつエースの超火力で相手のサイクルを崩します。
勝ちパターンとしては、ラッキーヤドランの受けループで削りつつエースで全抜きするか、此方のエースの攻撃で相手のポケモンを1匹落とし、ラッキーヤドランの並びを崩せなくするかです。PTの構築段階では前者のパターンを想定して組んだのですが、実際は後者のパターンのほうが多かったです。

シーズン1は物理ATが強い環境だったこともあり、ラッキーが出せるPTはあったものの、相手としてはラッキーで積みたくないのでラッキーを腐らせかつヤドランを過労死させるように物理AT3匹を選出なんてことがよくありました。
すぐに特殊ATがいるからラッキーを出すという受け思考をせず、ラッキーでなくとも他のメンツで対面なら行けそうならエースで殴っていく選出も頭に入れておくと良いです。

このPTできついのは、鉢巻ガブ、ハッサム、メガリザX、特殊メガルカリオ、メガカイロス、マリルリ、あたりでしょうか。
しかし、その多くも受けることより上から殴ることを意識した選出をすれば勝機は見えます。つまりはトレーナー次第ですね。メガカイロスは此方の誰よりも早いS+先制スキン石火で常に上から殴られることになるためかなり辛いですがw

基本は受け思考なPTですが、純正受けループのように急所や役割破壊に泣かない受けループ、受けることを考えない殴れる選出もできる受けループ、つまり攻撃性の高いセミ受けループの形をとりました。



というわけで、以上でランターン入りセミ受けループの紹介でした。

最高レートも1923と満足できる数値でした。シーズン1最後の2日くらいでカルドセプトをDLしてしまいそちらをやってしまったためにレートを伸ばしきれなかったのが少し悔やまれますが、潜ったら潜ったで下げて終わってしまいそうなのでこれはこれで良かったのかもしれませんw

念願だったランターン入りPTでしっかりとランターンを活躍させられたのでとても嬉しかったです。水ロトムが人気でしたが、ランターンもやればできる子なんだぞー!強いんだぞー!ってのが証明できましたかね(゙ ´▽)

皆さん良ければ一度ランターンを使ってみてください。水ロトムみたいな汎用性はありませんし、やられるときは何もせずにコロッと逝っちゃいますが、役割対象を考え使いどころを間違えなければ必ず活躍してくれます。苦手な奴は苦手、でも得意な奴にはとことん強いのがランターンのいいところでもあり悪いともろでもあるのです。そしてそれがランターンの可愛いところでもあるのです。


残念ながらシーズン2ではランターンを解雇してしまいましたが、少なくともフリーではこれからもランターンを使っていきたいと思います。

長文失礼致しました。ここまで御付き合い頂きありがとうございました。

それではまた。

【ただのクッション】チョッキハッサム調整案 

【ただのクッション】チョッキハッサム調整案

前回紹介したラティハッサムのハッサムです。

そのときは適当に意地っ張りHAで紹介しましたが、このハッサムはエースであるラティオスを無償降臨させるため、クッションとなって後攻蜻蛉をすることに特化したハッサムです。

耐久調整は急所を考慮していません。どちらにせよ当たれば調整が崩れるので、当たったら仕方ないです。

212.gif
【性格】腕白
【特性】テクニシャン
【持ち物】突撃チョッキ
【実数値】177-150-134-*-131(196)-63
【技】とんぼ返り/バレットパンチ/馬鹿力/泥棒

H…天候の弱体化によりノオーが絶滅したため16n-1にせずぶっぱ。
A…泥棒→バレパンで無振りメガゲンガー、ブレードフォルムのH振りギルガルド確定程度
B…A182の等倍威力100超低乱数2(6.3%)=ほぼ2耐え
D…C222の等倍威力80超低乱数3(4.4%)=ほぼ3耐え
S…最遅


かなり特殊方面に厚くなっています。

ラティの有利対面を作るとんぼ返り、便利で火力の高い先制技バレットパンチ、バンギを一撃で葬る馬鹿力、ゴーストへの打点として泥棒、チョッキなのでフルアタです。
打ちどころが微妙ですが、メガフシギバナへの気持ち程度の打点として燕返しも悪くないかもしれません。

A182の等倍威力100というは、メジャーだと陽気ガブリアスや陽気マンムーの地震。
A222の等倍威力80は、臆病メガゲンガーや控えめギルガルドですね。※全てA,Cに252振りとする。

最遅にした理由は、できるだけ多くのポケモンに後攻蜻蛉がしたいのと、ギルガルドに対して後攻で泥棒を打つためです。
しかし、ギルガルドのシャドボに後出しした際はギルガルドは既にブレードフォルムにチェンジしてますので、場合によっては被弾を多くしてしまう可能性もあります。
フルアタなため、キングシールド持ちには勝てません。大人しく蜻蛉しましょう。

特殊方面は相当硬いので、ゲンガーやギルガルド以外にも、ゲッコウガなどラティを上から殴ってくる特殊ATに対して安心して投げられます(珠ドロポンですら余裕で2耐え)。
不意のめざ炎も威力低下と高い特殊耐久のおかげで耐えます。本当に素晴らしいクッションです。

物理方面は最低限の耐久は確保しているものの。それでも心もとない数値なので、ギャラドスなどの威嚇持ちと組ませてあげると良いと思います。
特にギャラドスはラティハッサムの並びで辛いウルガモスやヒードランに強く、地面が無効なのでガブリアスやマンムーと対面したときにハッサムで半減できる逆鱗や氷柱針を誘えます(突っ張るかどうかは微妙ですが)。ラティオスとの相性保管もなかなか。
竜舞で自身がエースになれる点でも相性がいいですね。

火力不足は否めませんが、元々種族値が高いおかげで決して低い数値ではありません。C特化ランターンのCが140なのでむしろ高いですね()
元々攻撃するというよりとんぼ返りをするポケモンなのでそこまで気になりませんでした。剣舞羽休めみたいな地味な突破力ですら求めてはいけません。


ハッサムの受け+蜻蛉サイクル+剣舞バレパンのような器用な動きはできなくなってしまいましたが、割り切って受けポケモンとして扱えばそれなりに器用な動きはできています。

正直ここまで特殊耐久を上げる意味があるか疑問でしたが、メガゲンガーやギルガルドを泥棒で確1にする火力(A特化)をとると上記の物理耐久+最低限の特殊耐久を確保することができなくなってしまうので、どうせ確2なら耐久に特化してやろうということでこのクッションハッサムが誕生しました。

特殊耐久を抑えて物理にも厚くしようと思いましたが、ただでさえ種族値の足りないハッサムになんでもさせようとすると中途半端な結果になりそうだったのでこのような結果となりました。

・・・今思ったんですけど、メガハッサムなら火力と耐久の両立できますね()多分通常時+メガシンカ後でそれぞれ1回ずつ被弾したとしても条件満たせると思います。
まぁ、クッション役のこいつにメガ枠使うのももったいない気がするので、考えないでおきましょう。

実は私は既にラティハッサムを使っていないのですが、ラティの相棒として第六世代でもハッサムが活躍できることを祈ります。

第六世代のラティハッサム 

第六世代のラティハッサム

第六世代のラティハッサムについて。

第五世代、私が愛用していたカバドリ(享年3年)の裏選出として活躍していた並びですね。

超火力のラティのメガネ流星群をひたすら上から落とす構築。不利対面やCが下がったあとは相性保管の良いハッサムを後出しし、後攻蜻蛉で再びラティを無償降臨。というもの。

ですが、今作は特殊技の威力低下や鋼のタイプ相性の見直し、フェアリータイプの追加、天敵バンギラスのメガシンカにギルガルドの登場などとことん逆風を受けてます。

それでもやっぱり強いはずなので考察。

壁ラティ+珠ッサムの偽装ラティハッサムもありますが、今回は王道のラティをエース、ハッサムをクッションとしたラティハッサムです。

381.gif

まずラティオス。

技構成についてはそこまで変わらないと思います。

フェアリーの登場やメガフシギバナの存在によりショックの需要は上がり、一貫性が消えたのとラティより早いオンバーンやゲッコウガなどの高速ATの登場により竜波の需要は下がりました。

とはいえ、使用率の高いフェアリータイプはせいぜいマリルリとキッスくらいで、その2匹も多くはないので、竜波の採用は悪くないと思います。

他には、一貫性が取りやすくドランへの打点としての波乗り、受けループ崩しのトリック、ラティオス受けに通りやすくマリルリを吹き飛ばす雷。

トリックがメガストーン持ちに対して不発に終わってしまうので、個人的には外して技範囲を広げたほうがいいと思います。

トリックを外す理由として、後述するハッサムの技構成が関係してきます。

212.gif

今までゴーストも受けれたハッサムですが、鋼のタイプ相性の見直しにより等倍になってしまいました。ラティとゲンガー、ギルガルドが対面したときにあと出しが安定しません。

しかし、今作登場した突撃チョッキを持たせることで数値で強引に受けることができるようになります。H振りのみで余裕の確3.素晴らしい。

また、今作から威力が60になった泥棒をサブウェポンとして添えることで、ゲンガーやギルガルドを処理できるように。

特殊耐久が大幅に上がったことで、ゴースト以外にもゲッコウガなどラティオスを上から殴ってくる特殊ATに対しても後出しがきくようになります。まさにクッションですね。

めざパの威力低下によりチョッキを持たせるだけで不意のめざ炎を耐えられるようになったのも嬉しいです。

チョッキを持たせたせいで剣舞(と羽休め)が使えなくなったので、ラティのトリックで竜技固定してハッサムで剣舞という流れができなくなったので、ラティオスのトリックを切ろうという話です。

今回はラティとハッサムだけですが、残りの4匹とのシナジーもあるので相談ですね。
ただメガストーン持ちにトリックをしてしまい流星群以外で起点にされるのは負荷も何もないので避けたいところです。


まとめると、

ラティオス@眼鏡 臆病CS 流星群/サイコショック/雷/波乗り
ハッサム@チョッキ 意地っ張りHA とんぼ返り/バレットパンチ/馬鹿力/泥棒


こんな感じでしょうか。

逆風が強すぎるラティハッサムですが、ラティがシーズン1で猛威を振るったガブにガルーラ、ムーバー解禁で注目されるテラキオンなんかにも強いのでまだまだ現役だと思います。

それでもやはり天敵が増えたのは辛いので、裏でしっかり対策しておくのが大事です。ラティが腐りやすくなったので、裏選出も用意しておくと良いと思います。

私はメガフシギバナと組ませて催眠宿木をばら撒いてましたが、イマイチ「これだ!」というのが来ないので、まだまだ模索中です。

弱体化したとはいえ竜+鋼の相性は抜群なので、これからも使っていきたいですね。

お正月 

お正月

新年明けましておめでとうございます。

今年も「しゃのnのサクサクしない日々。」をよろしくお願いします。