FC2ブログ

ランターンは左上に添える

ポケモンの構築記事とか書きます。ランターンは左上にいたりいなかったり。
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 【シングル】第六世代のランターン考察TOP単体考察(シングル) ≫ 【シングル】第六世代のランターン考察

スポンサーサイト 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

【シングル】第六世代のランターン考察 

【シングル】第六世代のランターン考察

私の嫁ポケモンであり現在レートでも愛用しているランターンを考察していきます。
第六世代での強化は特にありませんでしたが、新しい道具や環境により新たな選択肢ができたので改めて。

公式ランターン

~はじめに~

まず、軽くランターンの紹介をしましょう。

ポケモン金銀で初登場した第二世代のポケモンで、タイプは珍しい水/電気。特性は発光/蓄電/貯水(夢)。
特に蓄電は相手の電気タイプの技を無効化してHPの1/4を回復するという優秀な特性です。貯水も蓄電の水タイプ吸収バージョンなので特性自体は優秀なのですが、元々水タイプは半減できるので蓄電の方が活躍が見込めそうですね。残念ながら発光は第六世代での仕様変更もなく、死に特性となっております。

ランターンは基本的に水/電気という優秀なタイプと特性“蓄電”により、主に対水、対電気要因として使われます。
同じ水/電気タイプであり種族値も高い水ロトムとは特性によりお互い全く違う役割を持つので差別化はできています。

第六世代で環境に刺さっている水ロトムと同じタイプであり、水ロトムの役割対象であるファイアローやゲッコウガに加え、水ロトムが苦手とするエレザードや(メガ)ライボルト、水ロトム自身にも強いのが特徴です。

これは個人的になのですが、PTテンプレ3匹「ガブリアス」「水ロトム」「ファイアロー」に対し、交代読み冷凍ビームでのガブ牽制も含め1匹で十分相手できる点はかなり評価してます。


~考察~

ランターンは努力値振りや持ち物次第で動かし方が結構変わるポケモンです。

第六世代の環境を思考に入れながら、ランターンについて考察、簡単な型紹介をしていきます。


【オボン型】
lanturn.png
【性格】控えめor穏やか
【特性】蓄電
【持ち物】オボンの実
【努力値】CDベース
【技】波乗りor熱湯/10万V/冷凍ビーム/毒毒(推奨)or電磁波(推奨)or身代わり


水ロトムを筆頭に特殊水、電気を強く見れる型。オボンによる耐久の底上げ。Bに100振るとオボン込みでA特化ファイアローの珠ブレバ3耐えします。ハチマキはきついです。残飯は回復量足りません。

C特化で雷打ってもH振り水ロトムは確2になりません。10万Vだと穏やかC252で超高乱数3.
火力が低すぎるのでウェポンで補強してあげたいところですが、火力が低いため何度も殴る必要がある→施行回数が増える→外す可能性が上がるので基本的には命中安定技を採用したいです。

やはりXYでの特殊技の弱体化が痛い。
それでも水/電気/氷の範囲はかなり広いので、積極的に抜群を狙っていきましょう。抜群とれればそれなりの火力は出ます。

しかし、範囲は広いもののC76という火力の低さもあり、例えばガルーラなんかは当倍でも余裕で耐えてグロパンの起点にされます。
なので、最後の1枠の状態異常技でサポートし後続につなげましょう。

この子は極力起点にされてはいけないポケモンです。簡単に起点にできるからこそ、うまく立ち回らないと荷物になりかねません。

身代わりについて。相手の水ロトムとガブリアスの並びに対し水ロトム対面で安定択となるはずなのですが、交代読みを嫌って鬼火打たれると定数ダメで過労死するので個人的にはナシです。
水ロトムに先制できれば優先度はグッと上がるのですが…でもスカーフロトムなんかを相手にするときにはかなり使えますし、お好みでどうぞ。
身代わりを使うなら残飯のほうがいいのかもしれません。使ってないのでわかりませんが。

眼鏡と迷ったのですが、使いやすさも考慮してこの型を私の考えるランターンのテンプレとさせていただきます。


【眼鏡型】
lanturn old
【性格】控えめ
【特性】蓄電
【持ち物】こだわりメガネ
【努力値】CDベース
【技】ドロポンor波乗り/雷or10万V/冷凍ビーム/ボルチェン


H振りファイアローでもボルチェンでも確1.Bに68振ればA特化ファイアローの鉢巻ブレバ2耐えします。
さらに、メガネを持つことにより10万Vで水ロトムを確2にできるようになります。ランターンの火力不足を解消でき、こだわりとは相性のいいボルチェンを覚えるので、ランターンにはナイスな持ち物です。

反面、こだわってしまうことにより、水ロトムの後ろにガブがいるだけで安定択がなくなってしまうのが辛いです。
また、こだわってしまうとより起点にされやすくなります。電気無効がいなければボルチェンでサイクル回せばいいのですが、今の環境、水ロトムがいれば大体後ろにガブもいるのでそうはいきません。
といって交代読みで冷凍ビームあわせられても、こだわりがバレてると水ロトムバッグでひかざるを得ない状況になってしまいます。

BWのレートではずっとこの型しか使っていなかったのですが、その頃もメガネの強さとこだわりの使いづらさに苦労していました。

こだわったランターンをカバーできる選出やそれにあったプレイングさえできれば最も活躍の見込める型だと思います。


【突撃チョッキ型】
lanturn gif
【性格】控えめ
【特性】蓄電
【持ち物】突撃チョッキ
【努力値】BCベース
【技】波乗りor熱湯/10万V/冷凍ビーム/ボルチェン


私がレートで使用している型。突撃チョッキの存在を知ってから3秒くらいで考えつきました()

A特化ファイアローの珠ブレバ高乱数3耐え。特殊耐久は穏やかCDよりも高く、全体的に耐久値が上がってます。
また、オボンと違い擬似的な耐久値の底上げではなく耐久そのものが上がっているので、高火力の一撃にもある程度対応できるようになってます。

当初は「Bに厚いランターンは強いけど特殊耐久が低く本来の役割を遂行しづらい」という不安を解消できる程度に軽く考えていたのですが、今の環境だとB振りランターンは本当に強いので大正解でした。

こだわらせたくない。交代読みでガブを落とせるように冷凍ビームは打ちたい。ここまでならオボンでもいいのですが、フシギバナ入りに対してボルチェンでファイアローを無償降臨させたかったのでチョッキにしました。

寝言持ちにすれば眠り粉にも後だしできますし、ギガドレと宿木ならそこまで苦ではないのですが、ヘド爆打たれると受けきれず反動ダメで落ちていきます。なので極力ファイアローは後出ししたくないのです。

補助技入れないならオボンよりもチョッキのほうが耐久値が高くなるこでこういう型とさせていただきました。

ただ、上の2匹と比べて補助技がないうえに火力もないのでただの起点です。なので、PTにファイアローやヌオーなど、ランターンが起点にされても後続でカバーできるような子を入れてあげると使いやすいと思います。

もちろん、ランターン自身も極力起点にならないように積極的に交代読みしていきます。ファイアローや水ロトムと対面したら逆に思考停止で冷凍ビーム打ってますからね()ガブリアス多過ぎです。

ちなみにスカーフロトムがトリックしてくるとチョッキロトムをスカーフランターンが突破できなくなる(ゴリ押しで負ける)かわりに、相手がチョッキもった時点で補助技が使えなくなるので鬼火とトリックを気にせずガブとか投げて剣舞できるようになります。


~最後に~

大体こんなところでしょうか。ランターンは比較的に持ち物が自由なポケモンなので、一概にこれが強い!使いやすい!っていうのは言いづらいのですが、特にオボンと眼鏡はオススメです。チョッキは私の好みだったので皆さんが使えるかどうかはわかりません。

とりあえず今の環境のランターンに言えることは、

1.ガブへの牽制+水ロトムとの差別化として冷凍ビームは入れるべき。
2.起点にされないためにも状態異常技かボルチェンはあるとよい。
3.新たにファイアローが役割対象になったのでB振りが好ましい。


この3点ですかね。正直PT単位で見るとこれと断言できるものではないので参考程度に。

種族値不足は否めませんが、ファイアローと水ロトムがトップメタに入ってるうちは活躍できると思います。この2匹を同時に相手できるのはランターンくらいのものですからね。

嫁補正抜きでも十分強いです。フシギバナや水ロトムに目がいきがちですが、この記事でランターンに興味をもって頂けたら幸いです。
スポンサーサイト

Comment

編集
B100のみでは全然珠ブレバ3耐えできないみたいですけど計算違いですか?
2014年03月28日(Fri) 09:57
コメント返信
編集
>>Redさん
Bに100振ればオボン込みでアローの珠ブレバを確定で3耐えします。
記事では「オボン込み」が抜けていました。ご指摘ありがとうございますm(_ _)m
2014年03月29日(Sat) 00:24
No title
編集
すみません
いまさらですがBCベースの正確な努力値を
教えていただけませんか?
2014年05月23日(Fri) 22:57












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。