FC2ブログ

ランターンは左上に添える

ポケモンの構築記事とか書きます。ランターンは左上にいたりいなかったり。
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOPパーティー考察(シングル) ≫ 【シングル】カバルカサザンガルド【シーズン2使用構築】

【シングル】カバルカサザンガルド【シーズン2使用構築】 

【シングル】カバルカサザンガルド【シーズン2使用構築】

ようやく書く気になりました。今更シーズン2構築。まさに誰得。
環境意識とかは全くしてないので、今も使える構築だとは思いますが・・・。


シーズン2ではランターンを使わなかったのですが、他にどうしても使いたいものがありまして。

BWでずっと愛用していたカバドリラティハッサム。XYで永続天候がなくなり、欠伸ループができなくなったことによりカバドリは完全に姿を消し、フェアリーの登場とメガガルーラの不意打ちやアローのブレバで死ぬということでラティも絶滅危惧種になりました。

水タイプが好きだからと雨パに浮気していた時期もありましたが、やはりカバドリが1番使いやすく、カバドリウルガナンスなど別の裏選出も使ってみましたが、やはりカバドリラティハッサムに落ち着きました。

大好きだったカバドリ、そしてラティハッサム。XYでもう1度使いたい。でも、やはり厳しいものがある。
ならばせめて、カバ+エース+竜+鋼の組み合わせをもう1度。

ということで作ったPTがこちら。

hippowdon.giflucario.gif
hydreigon.gifaegislash.gif
dragonite.gifporygon2.gif

カバルカサザンガルドです。

最高レートは1904。シーズン1のランターン入りPTに届いてません。命中不安技を多く採用したせいで外しまくったのと、そもそもあまり潜っていないためにこのような結果になりましたが、PT自体はもっと上を狙えるものだと思ってます。

カバドリ+ラティハッサムのように表と裏で強力な二つの選出軸を持ったPTを作ることを心がけたので、カバルカとサザンガルドの4匹は固定とし、残り2匹をいろいろ変えながら潜ってました。

正直「この2匹がベスト!」というのはありませんでしたが、個人的な思考や捨てきれない相性補完などを考えた結果、最終的にこうなりました。


■カバルドン
hippowdon.gif
【性格】わんぱく
【特性】砂起こし
【持ち物】オボンの実
【実数値】212-132-162-*-118-67
【技】岩石封じ/ほえる/あくび/ステルスロック

第五世代のテンプレなため割愛。


ムーバーで送ってきた個体をそのまま使用。

特殊技の威力が下がったり環境の変化などで耐久調整は意味をなしていませんが、「とりあえず一発は耐える」ことはちゃんとできていたので、特に困ったことはありませんでした。

メガルカリオのお膳立てをします。アローやボルトなどの抜きエースにとって厄介な相手を神速で縛るためにもステロは必須。起点作りのあくびと起点回避(ついでに昆布もできる)のほえる、ラストは挑発持ちのアローやボルトに勝てるように岩石封じ。

基本はあくびから入って、あくびを嫌って相手が交代したところでステロ。あとは死ぬまであくびループです。
ラムっぽい積んできそうな奴が来たら積極的に警戒して吠えましょう。起点作りも大事ですが、こいつは起点にされることを許されません。それが負け筋につながるので。

ライコウ入りなんかにはピンで出すことも多く、そのときはステロを撒くことを第一に考え、あくびループで捨てるなんてことはせず、大事に扱っていきます。

砂とステロの定数ダメでゴリゴリ削れていきます。やはりこいつの起点作り性能は素晴らしい。


■ルカリオ
lucario.gif
【性格】陽気
【特性】正義の心
【持ち物】ルカリオナイト
【実数値】145-197-109-*-90-180
【技】インファイト/アイアンテール/神速/剣の舞

ASぶっぱ。

※実数値はメガシンカ時の数値です。

超火力の抜きエース。剣舞を積まなくともインファでガブがステロ込み高乱数1。剣舞を積めば大体の奴が確1。2積みできればアイアンテールでクレセですら確1。
元々火力が高いので、積むことに拘らず上から殴ることを意識していきます。

多くのルカリオはアイアンテールではなく噛み砕くを採用していることが多いと思いますが、メガフシギバナやマリルリ、クレセリアなど厄介な相手の多くに等倍で入るのと、フェアリーへの打点として採用しました。

受けれると思ってのうのうとやってきたメガフシギバナやマリルリを何度も返り討ちにし、何度も外してきました。

ピクシーに起点にされることはないと思いきや外して小さくなられて負け。フワライドを突破すれば勝ち確と思いきや外して小さくなられて負け。

遺伝技なので噛み砕くに変更することもできず、仕方なくアイアンテールで使ってました。アイアンテールだったからこそ勝てた試合もありましたが、それよりもアイアンテールを外して負けた試合のほうが圧倒的に多いです。
ゴーストに対して命中不安しか打てないので辛かったです。主にゲンガー。

レートを上げるなら安定した勝利が必要なので、レートで使うなら絶対に噛み砕くにしたほうがいいです。キンギシールドの読み合いになりますが、ギルガルドへの打点も持てます。


■サザンドラ
hydreigon.gif
【性格】控えめ
【特性】浮遊
【持ち物】こだわりメガネ
【実数値】167-*-110-194-111-150
【技】流星群/悪の波動/大文字/気合玉

CSぶっぱ。


ルカリオが苦手とするクレセやヤドランなどのエスパー物理受け、ギルガルドに加え、カバが苦手とする水ロトムやギャラに強いメガネ型。

ルカリオと格闘弱点は被りますが、今の環境は格闘が少ないのでそこまで気になりませんでした。

クレセドランや水ロトム、ギャラドスがいるときは積極的に投げていきます。有利対面を作れる回数が勝率の向上につながります。

第五世代ではカバドリラティでしたが、第六世代ではカバルカサザンを基本選出としています。

ただ、ラティと違ってガブよりも遅いので、ガブだけは本当に注意してください。使っても使われてもあいつは最強のポケモンでいいと思います。


■ギルガルド
aegislash.gif
【性格】意地っ張り
【特性】バトルスイッチ
【持ち物】ラムの実
【実数値】167-112(222)-170(70)-*-170(70)-81
【技】影うち/聖なる剣/剣舞/キングシールド

HAぶっぱ。


懐かしの物理型。冷静HC@弱点保険だとガブの前でついつい居座っちゃって鉢巻地震で吹っ飛んだり剣舞積まれたりと散々だったので、カバで荒らしたあとの隠れた抜きエースとして採用しました。

そのせいでサザンとの同時選出はほとんどありません。カバルカサザンガルドのサザンガルドとは()

HC弱点保険でも使ってましたが、型が有名になりメタが厚くなるにつれて使いづらさを感じました。今の環境でも保険っぽいHCガルドしか見ませんが、以前ほど警戒されてないような気がする(雑)ので保険でもいいかもしれません。

ただ、ノイコウ剣舞からの聖剣影うちで突破したりと物理型の良さもたくさんあるので、私はこちらを使いました。

正直こいつはPTコンセプトのためにかなり強引にぶち込んだのでわかりません()


■カイリュー
dragonite.gif
【性格】意地っ張り
【特性】マルチスケイル
【持ち物】防塵ゴーグル
【実数値】167-204-115-*-120-132
【技】逆鱗/しんそく/地震/龍の舞

ASぶっぱ。


ドランもガッサも抜けず竜舞してもゲッコウガを抜けず火力も足りない中途半端な奴。個体がなかったのでやりませんでしたが、陽気で珠を持たせたほうが良かったかなぁと思います。

せめて火力だけはと思い珠を持たせていましたが、メガバナとビビヨンに何もできずに負けて以来防塵ゴーグルは外せません。許すまじ催眠。

この枠は何度も変えようと思いましたが、バナやビビヨンに強めでガモスとリザードンに強くガッサに隙を見せないポケモンとして仕方なくカイリューを採用しました。

この頃は知りませんでしたが、カバルカカイリューが1つの構築としてできたようですね。竜舞カイリューはいつ使ってもSが遅すぎて強く思えないので個人的には「なんだかなぁ」という感じですね。

目立った活躍はありませんでしたが、やはり催眠対策やガモス入りなんかには欲しいので、変えたいけど変えられないという矛盾したポケモン。

テンプレのルカリオの相棒なので、みなさんが使えばきっと強いはずです。ビビッと来るのは見つけられませんでした。許してください。


■ポリゴン2
porygon2.gif
【性格】図太い
【特性】トレース
【持ち物】進化の輝石
【実数値】191-*-155-125-118-80
【技】イカサマ/冷凍ビーム/電磁波/自己再生

調整先を忘れましたがほぼHBぶっぱ。


神ポケモン。やはり後出しが安定するポケモンはいい。

PTコンセプトにはあってませんが、個人的に選出時に受け思考になってしまうため、欲しくなってしまった物理(主にガブリアス)受け。

物理なら大体受けられます。ランドやマリルリがよく叩き落すを使ってきましたが、それでも大体勝てます。神。
物理だけかと思いきや苦手なゲッコウガも後出しで受けられます。まさに要塞です。

電磁波+イカサマで起点にしようと出てきた相手を返り討ちにします。火力もある(トレースした鮫肌+冷凍Bで無ふりガブが確1)ので氷4倍の奴らはそのまま葬れます。起点にされない耐久ポケモン・・・なんて素敵なんでしょう。

メガルカリオで無双してきたのかと思いきや、相手がこいつを突破できずにそのまま3タテなんて試合も多々ありました。
実はカバルカサザンよりもカバルカポリ2の選出の方が多いです。相性補完云々ではなくて、ついつい受け思考に入ってしまいポリ2に甘える私のせいです。

そのせいでドランに好き放題された試合もあれば、逆に相手が積んだ試合もあります。あとはトレーナー次第です。





正直随分前に使ってた構築なので結構忘れちゃってます()

暇ツールに残ってたログを見て思い出しながら書いてましたw

かなり雑ですが、とりあえず前からずーっと書く書くと言って書かなかったこの記事を書くだけ書こうと思って書いたのもなので許してください。

そもそも自己満足でブログやってるのに許してもらう必要はないんですが・・・まぁ、とにかくこれで終わりです。


それではまた、次の記事でお会いしましょう。(フラグ)
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL