FC2ブログ

ランターンは左上に添える

ポケモンの構築記事とか書きます。ランターンは左上にいたりいなかったり。
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOP未分類 ≫ 発売日が待ち遠しいPP17

発売日が待ち遠しいPP17 

発売日が待ち遠しいPP17

PP17の収録カードの内容が判明したのは随分と前ですが、私はダークマターの登場で征竜が復活して浮かれていたので、他にはBFの新規が出るくらいしか知りませんでした。
詳しく見てみると他にも私の持ちデッキで使えそうなカードがいくつかあったのでちょっと考察してみます。


まずはこれ。

2015y02m01d_225819683.jpg

《ペロペロケルペロス》
効果モンスター
星3/地属性/獣族/攻 0/守1800
(1):このカードが墓地に存在し、
戦闘または相手の効果で自分がダメージを受けた場合、
墓地のこのカードを除外し、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。


墓地で効果を発揮する汎用性の高い防御カード。超電磁タートルやネクガと違って破壊することができるので、その場しのぎではなく相手の場を荒らすことができます。

発動条件もダメージを受けるだけと非常に容易。ただ、ダメージを食らってからしか発動ができないということは、ワイトキングのようなワンショットで決めてくる相手には効果がありません。

こいつはシャドールワイトで使えそうです。影依融合でシェキナーガをデッキ融合する際、今までは大体マスマか馬頭鬼がが素材になっていたのですが、馬頭鬼が必要でない時はこいつを素材にできます。特にマスマは墓地に行ってもアド取れませんからね。

シャドールワイトはモンスターだらけなので入る場所はないかもしれませんが、ピンでなら悪くないかもしれません。デブリに対応してるレベル3ってのもいいですね。デブリ入ってませんけど。


そしてこの2人。
2015y02m01d_225752699.jpg

《冥界騎士トリスタン》
効果モンスター
星4/闇属性/アンデット族/攻1800/守 0
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の守備力0のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
(2):自分フィールドにこのカード以外のアンデット族モンスターが存在する場合、
このカードの攻撃力は300アップする。


2015y02m01d_225756413.jpg

《冥界の麗人イゾルデ》
効果モンスター
星4/闇属性/アンデット族/攻1000/守 0
このカードはこのカードの(1)の方法でしか特殊召喚できない。
「冥界の麗人イゾルデ」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「冥界騎士トリスタン」が存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):自分フィールドのアンデット族モンスターを2体まで対象とし、
5~8までの任意のレベルを宣言して発動できる。
そのモンスターはターン終了時まで宣言したレベルになる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はアンデット族モンスターしか特殊召喚できない。



トリスタン・・・どう見ても鎧着たワイトですよね( ゚∀゚)イゾルデは(ワイト夫人と違って)可愛いです。

トリスタン+イゾルデでランク4と5~8のアンデット族エクシーズを自在に操れるので、序盤はチェイン作ってプリンスを落としワイトキングで攻め、後半はランク8でランスロット作ってワイトキングに怯えてセットされた守備表示モンスターを無視してダイレクトアタックを繰り返す(しかもワイトキングの攻撃上昇は起動効果ではないのでランスロットに無効化されることなく一方的に殴れる)という戦法を思いつきました。

しかもワイトキングがトリスタンのサルベージに対応しているので、例えば手札がトリスタンイゾルデ墓地ワイトキングという場面で、

トリスタンNS効果でワイトキングサルベージ、イゾルデSS効果でトリスタンとレベル8に合わせてランスロットX召喚、直積攻撃して相手の表側モンスター破壊してこのターンはエンド。

魔法罠モンスター効果を強制無効。場持ちはいいほうなのでなんとかやり過ごす。

前ターンサルベージしたワイトキングNS。ランスロットを破壊しようとモンスターを召喚されても超火力のワイトキングでワンショットでき、守備を固められてもランスロットに一方的に殴れる。

というわけです。なにこれ強そう!!

と思ってADSで組んでみて回してみましたが、思ったより相性よくありませんでした。

最初からトリスタンとイゾルデが揃っていればいいのですが、この2枚を揃えるためにユニゾンビでイゾルデを墓地に送ったりゴブゾンでトリスタンをサーチしたりするわけですが、だったら最初からプリンス落としてワイトキングサーチすればいい話。

後半でワイトとランスロットの並びを組めれば強いとも思いましたが、召喚権が被ってしまいなかなか出せず。そもそも序盤ではこの2枚が事故要因にすらなりえます。


ああ、こんなにも見た目がワイトらしいのに。なんとかして使いたい・・・ということでワイトとの共存を諦めて専用デッキを組むことに。ちょうどガエル帝崩そうと思ってたので、余ったスリーブを使いましょう。

イゾルデは墓地に送ればトリスタンで回収できるのですが、とにかくトリスタンが手札にこない。ガエル帝で使っていた強謙入れて、アンデといえばゴブゾンも入れて・・・。

まだ出たばかりでデッキレシピも出回ってないので、自分で1からの構築。ADSで試運転しながら手探りです。

私にしてはかなり珍しい罠が多めのメタビート風にしてみました。しかし勝率はワイト以下。レート200も溶かしました。アンデの特徴である豊富な蘇生カードとの相性が悪く、アドが大量に稼げるわけでもないので、なかなか手間のかかる子たちです。

トリスタン+イゾルデが揃えば結構強いと思うのですが、それまでにやられてしまうのが現実。あと召喚権を使うので、トリスタンに奈落打たれたりするだけでも止まってしまいます。バック対策はサイクだけじゃ足りないのかもしれません。

まあレートで回してますからね。もちろんお相手さんはクリフォにシャドールにHEROと強力なデッキを使ってきますので、純粋にデッキの強さレベルが違うのかもしれません。シャドールは割と勝率良かったですけど。

私が身内でワイワイト遊ぶには十分ですかね。ガエル帝で使っていたカードをなるべく再利用しないともったいないので、そういう意味でデッキ構築の幅が狭まっているのですよ()




今までシングル買いしかしてきませんでしたが、PP17には欲しいカードがたくさんあるので、たまにはパックを買ってみるのもいいかもしれませんね。身内にBF使いもいるのでいらないカードはそんなになさそうですし。

発売日が待ち遠しいですねえ(*´`)


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL