FC2ブログ

ランターンは左上に添える

ポケモンの構築記事とか書きます。ランターンは左上にいたりいなかったり。
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 操作の達人!ヤミカラス育成論【ダブル】TOP単体考察(ダブル) ≫ 操作の達人!ヤミカラス育成論【ダブル】

スポンサーサイト 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

操作の達人!ヤミカラス育成論【ダブル】 

操作の達人!ヤミカラス育成論【ダブル】

今回紹介するのは、私がランターンの次に好きなポケモン、ヤミカラス!

第2世代で登場した悪/飛行という珍しいタイプ。種族値は貧弱ですが、豊富な補助技と凶悪特性“悪戯心”によりダブルで真価を発揮します。

以前同じくダブル用のヤミカラスを紹介したことがありますが、今回のは全くの別物です。性格も違えば、なんと技構成も4つ全て違います。

198.png

今回ヤミカラスが担当するのは、もちろんサポートなのですが、サポートの中でのヤミカラスも得意な「操作」をしてもらいます。


追い風によって味方の素早さを操作!

フェザーダンスによって相手の攻撃を操作!

バークアウトで相手全員の特攻を操作!



3つの操作で相手を蹂躙せよ!!!



murkrow_20150813010925448.gif
【性格】穏やか
【特性】悪戯心
【持ち物】進化の輝石
【努力値】252-0-140-0-116-0
【実数値】167-*-80-105-84-111
【技】バークアウト/フェザーダンス/追い風/羽休め

HB・・・(-2)陽気ASメガボーマンダの捨て身確定2耐え
HD・・・(-1)C211メガリザードンYのダブル熱風確定2耐え(※)


ダブルでは耐久調整が基本意味を成さないので、あくまで目安程度。一応理由があるのですが、それは後で。

このヤミカラスの仕事は「操作」!追い風、フェザーダンス、バークアウト、3つの操作技を駆使して味方をサポートします。

基本は追い風で素早さを操作し、隣のエースが上から殴れる状況を作ります。その後、フェザーダンス、バークアウトで相手の火力を操作し、エースの延命を図ります。

また、火力を操作することで活きるのが身代わり。例えばHと少しBに振ると、(-2)霊獣ランドのダブル地震をギルガルドの身代わりが最高乱数以外で耐えたりします。

つまり、追い風要員として採用し、火力操作によってエースの行動回数を増やしたり身代わりを残したりしてアドを稼がせる優秀なサポートポケモンなのだ!!


・・・汎用性のあるポケモンではなくヤミカラス+ギルガルドを軸にした私のPT用に作ったものなので、言葉じゃ説明しづらいですね。というか、PT単位で紹介したほうが良かったのかも。

BVを見ていただければ、その強さが分かってもらえると思います。


参考バトルビデオ1
ZTYW-WWWW-WW2Y-WWV5

結果的に当たりませんでしたが、ガルーラが食らうはずだった熱風のダメージはバークアウトで軽減されていました。
ヤミカラスがカポエラーの火力を下げたおかげでエンテイのHPが温存されました。急所に当たってしまいましたが、あのHPであれば無振り水ロトムの晴れ下のドロポンは耐えていました。
追い風によりフシギバナより先にギルガルドが身代わりを使え、眠り粉を無力化することに成功しました。

参考バトルビデオ2
D2RW-WWWW-WW2G-LWZ2

序盤は焼けたランドでズルしてるだけですが、ヤミカラスの火力操作のおかげでギルガルドの身代わりを残しやすい状況が作れ、また、追い風による素早さ操作のおかげでガルドがファイヤーに先制できるようになり、一方的に縛られずに優位に試合を進めれています。
フェザーダンスによってバンギラスを機能停止に追い込めたのもヤミカラスのおかげです。


BVは2つとも勝ち試合ですが、実際は追い風だけして退場だったり出せないPTが多かったりで、なかなか難しいポケモンです。今回はヤミカラスの強いところを知ってもらおうということで都合のいい試合だけ載せました。

ランドロスを筆頭とした物理アタッカーや、バークアウトさえ入れてしまえばギルガルドの身代わりを残せるようになる水ロトム、ボルトロス、サンダーなどの耐久寄り特殊アタッカー(兼サポート的な奴ら)に対して出します。
最悪追い風さえやってくれればガルーラがなんとかしてくれます。生き残ったら相手を後悔させるように火力を操作してこちらもペースに持っていく、といった感じですね。

(※)
ダブルでメジャーな特殊アタッカーとして、ニンフィアはどう頑張っても無理なのでメガリザYを意識しました。
いろいろなブログを漁ったところC特化のメガリザYを使っている方はほとんどおらず、ガルーラの捨て身を耐えるためにある程度耐久に努力値を回している個体が多かったので、高くてもこの程度だろうということでとある方のブログのメガリザYのC実数値である221を耐久ラインとさせていただきました。
これによって、HP満タンでバークアウトを使用しメガリザYのCを下げることに成功した場合、その後熱風を2回まで耐えることができるので、1度熱風を食らったあとに羽休めかバークアウトを強制されず、フェザーダンスで隣のポケモンのサポートをする余裕ができます。
前提条件があるとはいえメガリザYの前で行動回数を保証できるというのは大きいだろうと考え、このHDラインとしました。

HBラインですが、残りをBに振ったらちょうど陽気メガマンダの捨て身をフェザダン込み2耐えだったので一応載せておきました。





ギルガルドと組ませるために作ったので、単体で考察しようとするとうまく言えませんね。普通にいろんなPTでも使えるでしょーと思ってましたが、実際に他のPTで使ったことないから分からない。
自分で読み直してもよく分からないので、やっぱり今度PT単位で紹介します。消すのは勿体ないのでこれはこれで残しますが。

途中で嫌になって雑に終わってますが、また今度PT単位でまとめるので許してくださーい。ばいちゃ。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。