FC2ブログ

ランターンは左上に添える

ポケモンの構築記事とか書きます。ランターンは左上にいたりいなかったり。
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 【月光】考察!みんなまとめてやっつけてやる!TOP遊戯王 ≫ 【月光】考察!みんなまとめてやっつけてやる!

スポンサーサイト 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

【月光】考察!みんなまとめてやっつけてやる! 

【月光】考察!みんなまとめてやっつけてやる!

今更ですが、祝!月光OCG化!そして本日フラゲで下級月光の効果が判明しました。

キャットダンサーのイラストに惹かれ、アニメでライオダンサーの仮面が割れた瞬間一目惚れ。しかも脳筋という管理人大注目のテーマ。これは組みたい!!

9f6eb49b.jpg

しかし、同じ融合テーマであるシャドールを使う私は、アニメでアホみたいに手札を消費するセレナを見てこう思いました。

このディスアドの塊みたいなテーマを、果たしてきちんと使えるだろうか?

アドバンテージのリカバリーならどの融合テーマにも負けないシャドール。デッキ融合の感覚を知ってしまったこの状況で、他の融合テーマを使えるのか?

特に気になったのがイラストがドストライクで1番好みのライオダンサー。素材指定がパンサーダンサー+月光2体って・・・キャットダンサーで月光2体、パンサーダンサーを出すのにもう1体、ライオダンサーを出すにはそれに加えもう2体、融合も合計3枚必要・・・このままだと「ライオダンサーが入らない構築」なんて出てきちゃうんじゃないの!?


なんて思ってたけど全部杞憂でした!さっすが9期最後のテーマ!安心の魔改造だぜ!!

効果の詳細はいろんなとこで書かれてると思うからここでは置いておいて、月光の立ち回りについてちょっと考察。



①融合召喚について

現在判明している月光融合モンスターは3種。キャットダンサー(月光×2)、パンサーダンサー(キャットダンサー+月光)、ライオダンサー(パンサーダンサー+月光×2)。

キャットダンサーは縛りも緩く出しやすいのですが、パンサーダンサーとライオダンサーは素材指定に融合モンスターを含むなかなか重いモンスター。

月光はファーニマル同様元祖「融合」魔法カードを使うテーマですが、やはり専用融合がなければ融合が生きていくのは厳しい。その月光に与えられた専用融合が『月光狼』。魔法カードではなくPモンスターであり、P効果でフィールドまたは墓地の月光を除外して融合召喚できます。

P効果ゆえサイクロンなどで融合を妨害される可能性もありますが、それよりもモンスターでもあることにより融合素材としても使える点、天キなどでサーチできる点などによるメリットのほうが大きいです。

「融合」魔法カードによる融合→倒されても墓地融合。というのが基本になりそう。Pカードなので割られなければ何度でも使えるのもいいですね。


②下級月光、蒼猫+虎

蒼猫が戦闘・効果で破壊されたら月光リクルート、虎が戦闘・効果で破壊されたら墓地の月光SS。

蒼猫破壊→虎SS。虎破壊→墓地の蒼猫SS。蒼猫破壊→蒼猫リクルート。

虎の効果は1ターンに1度なので何度もはできまえんが、蒼猫と合わせてかなり丈夫な壁になりますね。

虎はPモンスターなので、破壊されたときは墓地へ行かずエクストラへ。この破壊サイクルで罠カード『月光輪廻舞踊』を使って一虎と狼を手札に加えることができれば、虎をP召喚して融合素材の確保が可能。

また、蒼猫も虎も相手による破壊でなくとも効果は使えるので、激流葬と非常に相性がいいです。墓地融合がある以上、多少自分のモンスターを巻き込んでも融合素材にしてしまえばいいので、こちらのディスアドも緩和されます。

虎のP効果もかなり優秀で、1ターンに1度、墓地から融合素材を用意できます。月光融合モンスターを蘇生して、アニメのように上位の月光融合に繋げたいですね。このランクアップみたいな感じ、かっこいいです。

一応虎のP効果で蒼猫釣り上げ→エンドフェイズに蒼猫破壊でデッキから月光モンスターリクルート・・・なんてのもできますが、エンドフェイズに出しても、って感じです。蒼猫の効果で虎をSSして壁を作ることはできますが、それよりも先に上げたように融合素材の確保として使ったほうが良さそうですね。


③黒羊+白兎

黒羊が手札から捨てて月光モンスターサーチor融合サーチ、さらには融合素材として墓地行ったら墓地かエクストラの月光をサルベージという超万能カード。

当然天キ対応なので、黒羊のおかげで天キが実質月光モンスターor融合をサーチできるカードに。強すぎ!!

白兎との相性が抜群で、黒羊を捨てて白兎サーチ。白兎NS→黒羊釣り上げ。手札1枚からキャットダンサーの融合素材を準備できます。しかも黒羊の効果で白兎を回収できるので、融合さえあれば次のターンも同じ展開が可能。

大変な勘違いしてました!黒羊の正しい効果は、手札から捨てて墓地の月光サルベージor融合サーチ、融合素材として墓地に行くとサルベージです(サーチできるわけないよね...)。妄想のように黒羊1枚からは無理ですが、白兎+黒羊から同様の動きができるので、やはりこの2枚は相性がいいですね。

虎と狼が破壊され尽くされてP召喚できない、狼のP効果による墓地効果が使えない、という場合でも、黒羊と白兎の2枚からキャットダンサーを出しつつエクストラの月光Pモンスターを回収。狼を回収すれば少なくともパンサーダンサーまでは出せます。

やはり融合となると消費が激しいので、白兎で黒羊を使いまわしてできるだけディスアドを減らしたいですね。黒羊の使い回しとなると虎でも可能ですが、白兎は召喚権を使う代わり自身も融合素材にできる上に魔法罠のバウンス効果で安全に融合できるので、一長一短といったところでしょうか。



20150310-092631-541.jpg

現在判明している分でもいろいろ考えられます。アニメで月光専用の死者蘇生があったと思うので(他にもあったかな?)、これも新規で出るんじゃないかなと思うのですが。蘇生は融合素材の確保から、単純にエースも復活させられるので便利そうです。

Vジャンプの付録の月光の効果もまだ分かってないので、お楽しみはこれからですねw

みんなも【月光】でデュエルだ!



《追記》
黒羊の効果を勘違いしてたので訂正しました。脳内構築がズタボロだ・・・。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。