FC2ブログ

ランターンは左上に添える

ポケモンの構築記事とか書きます。ランターンは左上にいたりいなかったり。
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 【最高1986】S7使用構築『カビウルガマンダ積み&サイクル』TOPパーティー考察(シングル) ≫ 【最高1986】S7使用構築『カビウルガマンダ積み&サイクル』

スポンサーサイト 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

【最高1986】S7使用構築『カビウルガマンダ積み&サイクル』 

【最高1986】S7使用構築『カビウルガマンダ積み&サイクル』

USMシーズン7お疲れさまでした。メインロム(TN:たまらし)ではランターン入りの構築を、サブロム(TN:YoRHa A2)では普通の構築を使って潜ってましたが、結局サブロムのほうでばかり潜ってました。実質メインロム。

S7トレカ

積み技と回復技を両立したポケモンでサイクルを回して、最終的に誰かで積んで全抜きを狙う。メインの3匹が単体で詰ませ性能が高く、勝ち筋が分かりやすい。



~個別解説~

salamence-mega.gif
ボーマンダ@メガ
技構成:恩返し 身代わり 羽休め 竜の舞
性格:意地っ張り
特性:威嚇→スカイスキン
実数値(メガ後):197(212)-191(68)-151(4)-x-130(156)-149(68)

サイクルに参加しやすいメガ枠で軸であるボーマンダ。配分はさいくさんのブログから。リザYに投げたかったためHDに厚めで、無振りミミッキュを恩返しで倒すために慎重ではなくすために意地っ張り。ニトチャやソラビ+めざ氷を耐えてくれてとても強かった。よく選出されるランドロスを威嚇込で確実に起点にできてかつ構築上苦手な状態異常を空かせる身代わり、コンセプトである積み技&回復技を両搭載した構成。
選出率体感1位


volcarona.gif
ウルガモス@イアの実
技構成:炎の舞 鬼火 羽休め 蝶の舞
性格:臆病
特性:炎の体
実数値:191(244)-×-102(132)-156(4)-126(4)-149(124)

配分はテンプレアッキガモスのものだが、サイクルとアッキの実は相性が悪いと思い、なんとなく混乱実を持たせたらめっちゃ強かった。ボーマンダの苦手なメタグロス、クチート、ミミッキュなどに投げて積極的に触らせてピキューンを狙う。よく後投げされるランドに火傷を入れることでボーマンダが威嚇なしでもランドを起点にできるようになる。とくにボーマンダ入りで隙を見せやすいポリクチミミッキュ的な並びに一方的に強いのが良い。構築の並びがサイクルよりも積みサイクルやコケコからの壁展開に見えやすいというのもあり、鬼火型であることが良まれずウルガモスだけで詰ませる試合が非常に多かった。
選出率体感2位


snorlax.gif
カビゴン@バンジの実
技構成:恩返し 地震 鈍い リサイクル
性格:意地っ張り
特性:食いしん坊
実数値:254(148)-144(4)-117(252)-×-143(100)-51(4)

ウルガマンダで受けられないゲッコウガやコケコ、テテフなどの特殊アタッカーを数値を受ける。特殊だけでなく、メガギャラ程度なら後投げから起点にできる。とにかく硬い。ボーマンダの威嚇、ウルガモスの鬼火と合わせることで多少の不利を無視して物理を詰ませられることもあった。ギャラドスによく怯まされよく凍ったためお祈りポケリフレをしたところ、凍っても速溶けして神ポコーと思ったら次の牙で凍った。被弾回数の多いポケモンなため運負けが多くなるのは仕方ないが、それでも強力なポケモンであると感じた。
選出率体感3位


mamoswine.gif
マンムー@地面Z
技構成:氷柱針 地震 叩き落とす 氷の礫
性格:意地っ張り
特性:厚い脂肪
実数値:191(44)-190(180)-104(28)-x-95(116)-118(140)

ボーマンダが出せない場合の初手ランドに好き放題されるのが嫌だったのと電気の一貫切るために採用。後続と合わせると処理が難しいナットやレヒレを地震+Zで倒せる可能性のある地面Z型。耐えると思って居座ってきたバンギを一撃で吹き飛ばせるのも強い。叩き落とすが非常に便利で、崩すのが難しいポリゴン2を誘いながら機能停止させたり、テッカグヤの残飯や木の実を落とすことでボーマンダでごり押しできるようになったり、崩しのひとつとして重宝した。
選出率体感4位


mimikyu-2.gif
ミミッキュ@ミミZ
技構成:じゃれつく 影打ち 挑発 剣の舞
性格:陽気
特性:化けの皮
実数値:131(4)-142(252)-100-x-125-162(252)

ウルガマンダの並びを見てステロを撒きに出てくるカバルドンに強く、かつカバ以外の先発によく来るポケモンの多く(ゲッコウガなど)にも強いポケモン。ランドやグライオンにも上から挑発を打つために最速。ミミッキュミラーで上を取れたり、突っ張ってくる臆病っぽい襷テテフを返り討ちにできたり最速で便利なことも多かった。選出に困った時に出すこともあり、無難に強い。
しかし、強いから採用しているところがあるため、他のポケモンに変える余地ありと感じた。
選出率体感6位


tapukoko.gif
カプ・コケコ@こだわりスカーフ
技構成:10万ボルト マジカルシャイン 草結び とんぼ返り
性格:臆病
特性:エレキメイカー
実数値:145-121-106(4)-147(252)-95-200(252)

ギャラとスカーフゲッコウガが重すぎたのでそれらを上から縛るスカーフコケコ。ギャラを確実に倒すために物理だったが、フェアリー技が欲しい場面があったこと、ギャラドスが削れてない状態でコケコと対面することが少なかったこと、反動技ばかりで体力管理が難しかったことがあって特殊にした。雨ラグが絶望的に重かったため草結びを持たせているが、メガラグを草結びで一撃で倒せるようになったのも特殊にしたメリットだと感じた。後ろの地面に無償降臨されてステロを撒かれるのが怖くて蜻蛉にしているが、先発の居座ってくるゲッコウガに対して蜻蛉を打つたびにボルチェンやったなぁ...と思っていた(襷ならどっちでもいいが、スカーフだったら一方的に落とせている)。スカーフの使いづらさもあったが、キノガッサの岩石封じを乗り越えて倒せたりスカーフの奇襲性能は強力だった。
選出率体感5位



~選出~

相手に合わせて変えるため基本選出はないが、373.png637.png143.pngor内2匹+1というのが多かった。
マンムーのZを打たなくてもいい時はミミッキュと同時選出もする。


~最後に~

シーズン序盤、50戦終了時に26勝24敗とビックリするほど勝てずモチベがなかったのですが、この構築に変えた途端一気に勝てるようになりました。構築には自信があったので2000は達成できるだろうと思っていたのですが、2000チャレ失敗後その日のうちに2000達成したいと焦ってしまった結果一歩手前までいって溶かしてしまいました。残された時間も少なく最終日まで粘りましたがなかなか勝ちきれず、1900に戻したところで撤退しました。もうちょっと早く始めれば良かったなーと後悔してます。
カビウルガマンダの3匹のポテンシャルが非常に高く感じたので、残り3枠を練り直して次こそ満足できる結果を出したいと思います。
...忘れていましたがランターンロムは最高最終1700代です。全然潜ってません。ランターンごめんな。

2018y01m24d_030737641.jpg

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。