FC2ブログ

ランターンは左上に添える

ポケモンの構築記事とか書きます。ランターンは左上にいたりいなかったり。
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOPサクサクしない日々 ≫ 双剣杯オフレポ

双剣杯オフレポ 

双剣杯オフレポ


双剣杯


双剣杯お疲れさまでした(2日前)。オフに行ったらオフレポみたいなの書きたい!と思っていたのでオフ2日後にはなりますが書いていこうと思います。

オフレポっていうか参加するまでの話が長くなりそうなので日記みたいなものになるかもしれません。

双剣杯ってなんぞやって人はこちら




で、改めて双剣杯に行ってきたわけなんですが、実はこの双剣杯が初めて参加するオフ会でした。

今までオフに参加してこなかった理由が、


1.なんとなく敷居が高く感じていた。
2.金銭的に余裕がなかった。


なんですけどほとんどが1で、なんとなく周りにレート2100超えてる人いっぱいいるのに俺なんかがーみたいな気持ちでいました。人から話を聞くと敷居高いなんて全然そんなことないよ!なんて言ってもらえるんですが、それでもやっぱり・・・てな感じでなかなか踏み切れずにいました。

そんな中開催が発表された双剣杯。主催は昔からの知り合いであるばっどくんとねこくん。

主催が知った名前であることに加え、今年は夏から忙しくなって恐らく自由な時間が限られてくるため、オフに参加するなら今しかない!!と勇気を出して参加を決意。いろんな人に言われましたが、東海勢なのに初オフが関東って結構ヤバイですよね。

しかし、参加を決意した頃には対戦参加がキャンセル待ち。今から相方を募集するわけにもいかず、仕方がないので見学参加することに。ここにも初めてだからまずは見学して雰囲気楽しもうみたいな気持ちが少しありました。


しかし、見学参加で申請を終えた後、とあるツイートが双剣杯公式アカウントからRTされてTLに流れます。


『相方が参加できなくなったため代わりにペアを組んでくれる方を募集しています。』


見学参加で申し込んだものの、やっぱり対戦がしたい!ということで勇気を振り絞って立候補することに。
結果、そのままペアを組んでくれることになりました。やったー!ここでルナさんと一緒に双剣杯に参加することが決まります。
実は対戦参加が決定したのが僕の誕生日だったので、参加できなくなってしまったハーミットさんには申し訳ないですが、いい誕生日プレゼントをもらったなーなんて思ってました。

と喜んでいるのも束の間、双剣杯まで時間がありません。
双剣杯はペアでポケモンが重複できないため、今から構築を組む必要があります。残された時間はあと2週間くらい(だったかな)。

まずは向こうが使う予定だった構築の候補を挙げてくれました。すると、そこにはバンドリがあるじゃありませんか。

その時たまたま雨を使っていたため、ペアで砂と雨だったらかっこよくね?という単純な理由で雨を使うことにしました。他にも使い慣れているガルーラを使っても良かった(マンダは元々相方に譲る予定だった)のですが、ガルーラ軸は構築が迷走していたことと、雨を使う前のガルーラ入りのパーティーはガルドが被っていたため、思い切って雨を選択しました。



その後パーティーを回しながら相方のルナさんに相談に乗ってもらいながらパーティーを完成させていったのですが、これがまた楽しかったです。今まで一人でポケモンやってきたので、誰かと一緒に構築考えるのがこんなにも楽しいとは思いませんでした。

ギリギリまで型を悩んでなんとか構築が完成。バンドリは6世代の頃によく使っていたのですぐに使い慣れることができました。正直バンドリじゃなかったら試運転間に合わなかったと思います。



そして迎えた当日。そもそも関東に行ったことがほとんどなかったためウキウキしながら新幹線に乗ってました。

会場に行く前にポケGOしながら横浜のラティアスに逃げられたりして無事に会場到着。少し遠くまで行きすぎて受付開始時間よりも遅くなってしましましたが、ルナさんもちょうど同じくらいに着いたみたいだったので結果オーライ。

受付でチーム名とTNの確認、そして楽しみだったゆりゅさんのカミツルギの名札をもらい受付を進めると、ばっどくんに声をかけてもらいました。顔を全く知らなかったので名札ガン見しながら「あ、ばっどくん!!」てな感じであいさつ。昔からの知り合いなのに全然面識がなかったので会えて良かったです。あとこれ言っていいのか分からないんですが、某紅茶マイスターのハ○シさんに似てるなと思いました。そこでチーム決めのカードを引くとレパルガッサブロックに。

次に進むと今度はむくれねこくんに声をかけてもらいました。しゃのnさんどうもーお会いできて嬉しいです~みたいに言ってもらってとても嬉しかったです。ちなみに、今はたまらしって名前でやってますが、昔から知ってる人はしゃのnって呼んでくれるので実はそれがちょっと嬉しかったりします。ここでチーム内のAとBを決めるくじでツボツボを引いてAに。ルナさんはグラエナ引いてBだったんですが、グラエナ懐かしくてクスッとしてしまいました。実況動画全部見てましたよ(黒歴史を掘り下げていくスタイル)。


ブロックの卓で他の参加者の方々にあいさつしたり喋ったりしていると時間になり、ばっどくんの司会でいよいよ予選開始。勝つぞ!!




使用パーティー
186.png260.png376.png785.png784.png778.png 詳細はこちら


1戦目 VSエテレーヌさん× 相方× 0-2
730.png373.png681.png473.png233.png642-2.png
778.png376.png785.pngVS681.png730.png373.png
BV:XGTG-WWWW-WWWM-BCRS
ポリ2ガルドの並びとジャラを止められて雨にも強いアシレーヌが厄介。選出予想は雨とグロスを止めるポリ2、電気の一貫を切るボルト、ラス1はジャラを止めるアシレーヌかポリ2の過労死を防ぐガルドと予想。雨だとポリ2で詰むため裏選出。アシレーヌがいてジャラが出せないため、先発ボルト読みのミミコケコグロス。
初手と2ターン目に択に勝ちミミッキュで2舞してA+3でマンダを突破。死に出しガルドはキンシが見えていたがリスクを考えコケコ圏内に入れるため素直に影。キンシされるもその後ガルドを削ってコケコガルド対面。この時点でミミッキュがZを持っておりコケコを見せているためラス1がグロスなのがバレる。ガルドマンダではコケコが重すぎるためラス1は電気無効枠と予想。ここでコケコの10万を裏のボルトやマンムーに空かされると相手の10万や地震が一貫して負けてしまうため交代読みでグロスを合わせるも相手居座ってグロスが落ちる。コケコでガルドを突破するとラス1アシレーヌ。ここでエレキフィールドが切れる。眼鏡10万で乱数25%だったが高乱数を引けず、返しのうたかたで負け。見えない3匹目を深読みせずコケコで居座れていれば勝てた試合だったため、初戦は悔しい敗北。
相方のルナさんも負けてしまい初戦は0-2で黒星スタート。


2戦目 VSかめどりさん× 相方× 0-2
450.png373.png681.png798.png785.png637.png
785.png186.png260.pngVS785.png798.png681.png
BV:6CUW-WWWW-WWWM-BEDR
絶望。死ぬほど重たいスカーフっぽいカミツルギ、グロスを止めるガルド、ジャラZを止めるフェアリータイプのコケコ、この3匹に勝てる気がしない。最初はミミッキュでガルドを削ってグロスを通すかグロスの前でカミツルギが居座ってくれることを祈って突破しコケコを通すプランで行こうとしたが、WCSday1出場者にそれが通じるのかと思い、直前になってコケコでカミツルギを削って上から雨を通すプランに変更。最悪凍らせて運勝ちしようとした。
しかし、初手のコケコ対面で同速負けた上にフェアリーZぶちかまされてコケコが落ち、1ターン目にして負けを確信。その後ラグが冷凍パンチで凍らすも凍ったのはコケコ。カミツルギは凍らせることができずあっさり3タテ。焦って雨選出してしまったが、後で冷静になるとカミツルギ出てこないわけないのに雨選出は甘すぎ。せめて元々考えていたミミコケコグロスのほうが良かった。パーティー相性が最悪だったのもあるが、少し前のシーズンで流行った並びによく似たタイプなのに構築段階で勝てないのは構築が悪かった。恐らくカミツルギに当たらず、カバマンダ系統には結構勝てていたために気付いていなかった。試運転の期間が短かったのがここで仇となったように感じた。ちなみに相手のペアのショコラさんは砂には有利だが雨が重くてかめどりさんは砂が重そうだったので、戦うのが逆だったら負けてましたねーと話していた。そういうところもチーム戦の要素なのだなと思った。
相方も構築が不利であっさり負け。お互いボコボコにされてしまった。


3戦目 VSフランさん○ 相方○ 2-0
115.png488.png362.png373.png645-2.png785.png
778.png376.png785.pngVS785.png115.png645-2.png
BV:XSQW-WWWW-WWWM-BFG5
雨の通りが良く初めは雨で行こうとしたが、相手が雨を重く見てガルクレセを選出するとうまく雨ターンをしのがれガルーラを通されかねないため、コケコを通すルートに変更。ミミッキュが止めづらく受けられるのがランドのみだったため、ランドをミミッキュで倒してコケコが通そうと考えた。ラス1にはガルーラに強めなメタグロスを選出。表も裏も刺さっており構築有利。
初手でミミッキュとコケコが対面でき、ミミッキュで剣舞を積んで理想的な形でランドと対面。そのままミミッキュでランドロスを突破し、コケコとグロスを通して勝ち。HP1のランドにミミッキュで影うちを打たなかったのはランドの威嚇を残してミミッキュに威嚇を入れてマンダの起点にされるのを恐れてだが、裏にグロスもいたので影うちで良かった。ミミッキュのHPを削らせてしまったせいでコケコの同速勝負を作ってしまい、同速に負けるともしかしたらコケコでガルーラを削れずグロスでアムハンを打つ羽目になっていたかもしれないため、少ない負け筋を作ってしまうプレイングミスだった。あとで話を伺うと「パーティーを見てどうやっても勝てないなと思った」と話していた。
相方も接戦に勝ってくれてお互い個人&チーム初勝利。


4戦目 VSけんしさん○ 相方○ 2-0
376.png645-2.png006.png785.png786.png658.png
785.png186.png260.pngVS786.png645-2.png376.png
BV:CJFG-WWWW-WWWM-BH3F
基本選出のコケコトノラグがぶっ刺さっていたため5秒で選出が決まった。
先発コケコテテフ対面。フィールドでスカーフでないことを確認し、恐らく眼鏡と判断。予定通りボルチェンでラグ圏内に入れてトノで脱出。ダメージから眼鏡と断定。あとは雨下のラグが止まらずそのままラグを通して勝ち。構築段階で圧倒的有利で、相手も無理ですと言っていたのでラッキーだった。
実はこのチーム絶対に当たりたくないチームのひとつで、実は双剣杯に相方の使っているパーティーの原案者も参加しており、相手のチームは原案者の知り合いだったためパーティーの中身が割れていた。勝っても安心できず、3戦目に備えて必死に選出を考えるが、そんな中で相方勝利。3戦目にもつれた場合構築相性も五分五分で情報アドを失った状態ではあまり勝てる自信がなかったため、相方に助けられた。
対戦相手のけんしさんが「たまらしさん名前知ってますよー」って言ってくれたのが嬉しかった。どこで知ったんだろう。


5-1戦目 VS radianさん○ 相方×
213.png798.png784.png474.png130.png094.png
778.png784.png376.pngVS784.png474.png130.png
BV:FTSG-WWWW-WWWM-BHTC
決勝トーナメントに行くためには勝つしかない5戦目。明らかな展開構築で初手にツボツボかジャラランガが来そうだったため、先発は挑発持ちのミミッキュ。相手のパーティーにフェアリーがいなかったため、ミミッキュで挑発を打ってZを使わず引き、逆にこちらのジャラランガで先に展開する作戦でいくことに。ラス1は重いカミツルギやギャラドスに強めなメタグロス。
相手の先発は予想通りジャラランガだったが、なんと初手岩封外し。ジャラが展開できなかった時にミミッキュをストッパーとして使えると思い、化けの皮を残すため岩封読みでグロスに引くと相手も交代してギャラグロス対面。雷パンチがないが、コケコがいるため雷パンチがちらつくだろうと考えメガシンカ読みでいつも通りアムハンを選択。耐えられるもバレパンで処理。裏からポリZが出てきてHB再生型だとヤバイかもと思ったが、そんなこともなく身代わり型だったため勝利。
相方が負けてしまったため、3戦目にもつれ込む。ここにきて初めての双剣杯要素。


5-2戦目 VS Qpokeさん○ 2-1
自分248.png530.png373.png642.png788.png681.png 相手は5-1戦目と同じ
248.png530.png373.pngVS213.png798.png094.png
BV:7FZG-WWWW-WWWM-EW82
挑発と黒い霧が打てるレヒレを選出したかったが、最速なのでポリZに対し先制黒い霧→Zテクスチャー→上から10万で負けてしまうため、ポリZをケアするために砂選出。砂ではカミツルギが重くなってしまうため最後はボーマンダにした。
バンギでツボツボに挑発を打つとメンハでねばねばネットを撒かれてしまう。レッカじゃないんかーい!2ターン目は挑発読み読みの岩石封じ、相手も岩石封じ。3ターン目はこちら岩石封じをすると相手にステロを撒かれてしまう。ポリZの処理のためには砂を維持する必要があり、挑発のタイミングでのギャラの交代されるとバンギが引かなければいけない場合がある。そうすると引き先はマンダになってしまい勝てる可能性もあるが竜舞合戦になって負けるとそのまま全抜きを許してしまう。そのため、ギャラバックに対しSダウンが狙えるのとドリュウズ圏内に入れておけるようにという意味で岩石封じを連打した。ねばねばネットとステロを撒かれた状態でツボツボ突破すると死に出しカミツルギ。マンダを投げて威嚇入れつつ、ステロが入りながら相手リブレ。その後悪Zを打たれるも腕白なおかげで落ちず、そのまま竜舞して身代わり貼って適度に羽してマンダで3タテ。
初めて3戦目までもつれ込むも、2-1でチーム勝利。嬉しくてルナさんとハイタッチまでしてしまったw


チームは3-2で、なんと4チームが3-2で並び三つ巴状態に。しかし直接対決の関係で予選敗退。悔しい~~~!!!

でも、個人戦績は総合で4-2と勝ち越せたので悪い結果ではなかったかなと思います。悔しいけどね。



対戦結果はそのまま載せたほうがいいと思ったので5戦目まで一気に書きましたが、途中でお昼休憩がありました。ちなみに午前の時点で既に4戦消化してました(同じブロックでまた2戦しか終わってないチームもありました)。そりゃ砂と雨なんて押せ押せのパーティーでしかも3戦目がなかったらサクサク試合が進むわけですよ。で、このお昼の時間がオフ会1の正念場で、知り合いの少ない僕はぼっちになる可能性が高かったわけです。ですが、ルナさんが知り合いとお昼ご飯を食べに行くときに一緒に連れてってくれてぼっち飯は回避できました。双剣杯のルールは神。油そばのお店に連れて行ってもらったんですが、とても美味しかったです。僕ラーメン大好きなので。一緒にいた†黒の騎士†キリトさんが「俺が環境wwww」とかめちゃくちゃイキってた(冗談なので許してください)んですが、そのまま優勝してしまったのでイキリではなく本当に最強になってしまいました。キリトかなーやっぱりww(以下略)って感じでした。ちなみに相方は†閃光†アスナさんです。めちゃくちゃ面白かったしセンスいいなーと思いました。

予選敗退し、決勝が始まって少しの間はちょっと暇だったので観戦したりウルトラワープライドとかしながら時間つぶしてたんですが、いよいよ決勝戦!スクリーンに映して実況付きです。動画でしか見たことなかったのでワクワクしました。

なんと決勝戦にルチャブル、エレキブル、アギルダーがいるというビックリドッキリ展開、決勝トーナメントの時点でざわついてたのに、まさか2チームとも決勝まで残るとは。
スクリーンにエレキブルが登場したりカグヤコケコ対面の択で10万が通ったり、ゲンガーのエナボで試合が決まった時は思わず声が出ました。めっっっっちゃ熱い!!!

最後にKP発表してたんですが、ジャラランガがKP6で結構いてビックリしました。最近レートでジャラランガ流行ってるらしいんですけどどうなんでしょう。Twitterで流れてくる2000報告にはちょこちょこジャラいますね。それとも俺と同じ理由でジャラ採用してる人がいただけなのかな。
ねこくんのツボツボKP1だけどグラエナいるかな?ブラッキーは大体グラエナですねーのところめっちゃ笑いましたw


これで双剣杯全行程が終了。せっかく横浜に来たのでもうちょっといたいと思い、その後ルナさんが主催2人と一緒に行動すると言っていたのでついていき、近くの飲み屋でお酒飲みながらポケモンとセックスの話してました。ねこくんやっぱりジンジャーエールなんだっていう安心感(お大事に)と、ばっどくんが俺のことを年上だと思ってたのがが意外でした。こっちは大体年齢知ってたので一方的に先輩だと思ってました。かめどりさんとショコラさんとかっちんさん、お話できてとても楽しかったです。新幹線の時間の関係で1人だけ先に帰ってしまったのが申し訳なかったです。もっと話してたかったな。




こんな感じで初めてのオフ会が終了しました。まとめるとめちゃくちゃ楽しかったですね。関東は気軽に来れる場所ではありませんが、オフの楽しさを知ってしまったのでまた次も参加したいです。

最後に、ペアを組んでくれて一緒に行動もしてくれたルナさん、主催のばっどくんとねこくん、運営の方々、そして対戦したり話してくださった参加者の皆様、本当にありがとうございました!!



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL